Health & Beauty

旅先のあるある「お腹のゴロゴロ&便秘続き」に利くツボ

そろそろ冷たい飲み物やアイスなどが日常的にほしくなる季節。そして、室内は冷房が利いて、かなりの冷え冷え。でも、外は暑くて、食事も着る物も何だかどうしていいかわからない時期になってしまいます。そんな時はお腹を壊したり、便秘が続いたり。快便とは言いがたい状態が続く人も多いはず。

女性はどちらかと言えば、便秘が多いといいますが、ゴロゴロタイプも少なくありません。お腹の調子がよくないと、すべてにおいてすっきりしない感じがありますよね。

でも大丈夫!このツボを知っていれば万全です。旅先であろうともう心配はありません。

【お腹のゴロゴロを止めるツボ】

緊急性が高いのはこちらですよね。外出中や旅先で薬の用意がなかった時は、このツボで乗り切りましょう。

■梁丘(りょうきゅう)
これは、筆者がつい最近経験した七転八倒を止めてくれたツボ。旅の最後の夜のツラさを解消してくれました。下痢は腸の活動が激しくなってしまっている状態。そこで腸の動きを調整していきます。

ヒザの上約2.5㎝のあたりで、太ももの外側。ここをこぶしでゴリゴリとこすります。イスに座っていると行いやすいです。今まさに、お腹の調子が悪い時に触って見ると、ボコッと凹んでいる部分があり、こすると痛いので見つけやすいでしょう。両脚同時に行って下さい。

【便秘を改善するツボ】

トイレの心配はないけれど、お腹が張って動かず、食べたものがたまっていく状態はやはりツライものです。便通があった時の喜びといったらないでしょう。

■合谷(ごうこく)
これは万能ツボの一つ。電車で暇な時など、常にほぐしておけば便秘に限らず、いろいろな部位のバランスを整えてくれる健康ツボです。

親指と人さし指の骨の交わるところから、少し人さし指側に上がり、骨の際のボコッと溝になっているところ。人さし指の骨を押すような角度で押すと効果的。全身の緊張を解きほぐす布にも役立ちます。

とりあえず、この二つを知っておくと、お腹の調子を整えるのにオススメです。

ライター:豊田紗江

RECOMMEND