Health & Beauty

生理中、お腹が緩くなりやすいのはどうして?

2019/05/30

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。女性ホルモン研究家でもあり、不妊や産前・産後ケア、生理トラブル、更年期障害といった女性特有の症状に特化して治療をされています。今回は、生理中お腹を壊しやすくなる理由と原因についてのお話です。

生理中の下痢はプロスタグランジンのせい

生理前は便秘でツライ思いをし、生理が始まったら今度は下痢で苦しむ…。多かれ少なかれ、女性であればその傾向はありますよね。なぜ生理中は下痢をしやすくなるんでしょう?真理先生、教えて下さい!

「確かに生理中、下痢になりやすい方もいます。これも吐き気の原因と同様、体温が低くなるために、下痢しやすくなるんですね。また月経が開始すると、子宮を収縮させるプロスタグランジンが分泌します。そうすると腸も一緒に収縮してしまうので、お腹を壊しやすくなるんです」

なるほど、そういうことだったんですね…。

日ごろから腸内環境をよくしよう!

「生理中に下痢してしまう方を見ていると、何かアレルギーを持っていることが多いんですよね」と真理先生。

「普段から腸管粘膜をいじめている人が、生理中に下痢になります。小麦粉や牛乳、ヨーグルトなどを体によかれと思って多く食べたり、飲んだりしている方ですね。あとは、普段から白砂糖で腸内環境を悪化させていたり、冷たいものを飲んでいたりする方に、非常に多いと思います。やっぱり自分の健康の“軸”がないから、生理中にお腹壊しちゃうんです」

そもそものお腹の中の環境次第

お腹の中の環境がもともと悪いことが、生理中の下痢を引き起こしているんですね。

「そうですね。生理中は子宮を収縮させるプロスタグランジンが出ることによって、お腹を壊しやすいのは確かですけれども、それがダラダラ続くのはよくない。一日お腹を壊すぐらいなら『ああ、もうそろそろ生理がくるんだ』ってわかりますけど、それが慢性化してしまう人は、やはり生活を見直したほうがいいですよね」

生理中、いつも何日も続く下痢に悩まされているのであれば、自分の腸内環境をよくする対策が必要かもしれません。

ライター:沢田聡子

監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。

RECOMMEND