Health & Beauty

一年で一番むくむ時季かも!?簡単なセルフケアで恋愛モードなボディに戻して

汗は体を潤わし体温調整をする

関東地方は梅雨入りしてから2週間弱になるでしょうか。

5月後半に気温が急上昇したため、気分は一気に夏モード!と、いきたいところですが、「梅雨寒」(つゆざむ)の言葉もあるほど、急激に気温が下がる日が訪れていますね。

空気中の水分が多い(湿度が高い)状態にある時、実は私達のカラダは冷えやすい状態にあると言えます。

汗をかく機能を考えるとわかりやすいかもしれませんが、汗は体温調節のため(ヒートアップさせないため)に皮膚表面に水分を発生させ、吸熱作用を起こすものです。

湿度の高い状態とはまさに、全身にうっすらと汗をかいているようなもので、体感以上に「冷やされる」方向にあると言って間違いないでしょう。

「じめっとしている」は「蒸し暑い」と感じる

しかし、困ったのはこの体感で、

「じめっとしている」 = 「蒸し『暑い』」

という表現になってしまいます。それほど暑くはなくても、「暑い」と感じてしまうので、必要以上に、自ら冷やす方向に持っていってしまうことも少なくないはず。

◎氷のたっぷり入った飲み物が恋しい
◎アイスや冷たいスイーツがやめられない
◎常に素足
◎湯船になんて浸かっていられない!サッとシャワー浴が一番!

…などなど。思い当たる節のある方も多いのでは?そのままいくと、知らず知らずのうちにカラダを冷やしすぎてしまい、体液の巡りも滞りやすくなってしまうかも…。

空気中の水分量が多い=○○の水分量が増える?

今日のテーマの<むくみ>ですが、実は寒い寒い真冬ではなく、梅雨~夏にかけてが、一番悩まされるのをご存じでしょうか。

私達人間も、地球に生きる生命体の一部であると考えると、シンプルかもしれませんが、空気が湿っているのに、私達の体内だけ乾いている、という状態はちょっと考えにくいのです。

湿度の高い状態が続いているということは、【水】にある動きはあっても(雨が降ったりやんだり、晴れたり)、やはり常にそこに【在る】ということ。そのため、そこに生きる私達のカラダの水分の代謝が鈍くなるのは、自然のなりゆきと言えるかもしれません。

今すぐには難しいかもしれませんが、試しに、夏の脚と冬の脚を写真に収めて見比べてみてください。湿度とむくみの関係が、あながち否定できないことに気づかれると思います。

梅雨はむくみを諦める!?

では、この時季のむくみは諦めないとダメなの??

いえいえ!!これから夏を迎えるにあたり、むくみボディのままじゃカワイクない!!だから、余分なものは脱ぎ捨てて、流して、ココロもカラダもスッキリして恋愛モードにのぞみたい!

そんな女心の強い味方になる秘訣を、ご紹介します。

内から外からむくみ撃退大作戦!

ところであなたは、「むくんでるな~~」と感じる時、どの部位でそれを判断するでしょうか。

ある人はヒザ下かもしれないし、またある人はお顔かもしれません。けれどもここで一つ覚えておきたいのが、「むくみは全身に起こっている」という点です。そのために、まず内側からのアプローチで内臓機能を高め、循環を促すことがとても重要です。

その上で、カラダの末端からほぐして刺激を入れ、巡りを作り上げてゆきましょう。

【むくみ撃退大作戦「内から」編】
〜腹式呼吸で内臓マッサージ〜

①仰向けになり、両脚をラクに放り投げて、リラックスできる体勢になる。

②両手を、へそを隠すように重ねてお腹にのせ、そのままゆったりとした加減で腹式呼吸を行う。できれば1~2分、時間をかけて呼吸とカラダをなじませるように。

③お腹の力をラクに抜き、お腹で重ねた両手を使ってへそまわりのマッサージを行う。イメージは「さする」ではなく「面を押す」ような動きで、ゆっくりめに、自分から見て時計回りに。

④お腹が軟らかくなってきたのを感じたらマッサージの手を止め、②の要領でもう一度ゆったり腹式呼吸を行う。両手はお腹の上でなくてもOK。

【むくみ撃退大作戦「外から」編】
〜マッサージ&ストレッチ〜

①両脚を前に伸ばした(あるいは軽くヒザを曲げて)長座の姿勢で座る。

②さらに少しヒザを曲げて、両手の指を両脚の指の間に挟み込む。甲側から入れるので刺激は強め。痛い場合には指先だけでもOK。

③足指のつけ根(背伸びをした時に曲がる部分)を回す。左右それぞれの方向に5~6回ずつ、ゆっくりと。

④指同士は絡めたまま、足首を前後に動かす。左右交互に、足裏を伸ばしたり甲を伸ばしたりを繰り返す。

⑤④の動作を10往復くらい行ったら、そっと足から手を離し、両脚を伸ばして座り直す。きちんとそろえずに少し開いてもOK。
⑥足指じゃんけんを行う。握ってグー、親指のみ立てて4本指を寝せるチョキ、親指のみ寝かせて4本指を立てるチョキ、全部開いてパー。の四つの動きを5セット、両足同時に行う。

⑦最後は、ブラブラと脚全体を揺らして力を抜く

いかがでしょうか?

「時間があまりないけれど今すぐ対処したい!」という時には、腹式呼吸をゆったり(立っていても座っていてもできます!)&ゆっくりと足首回しをするだけでも違ってきますよ。

露出が増える夏本番こそ、むくみリスクはすぐそばにあると心得て!

ん??と思ったらすぐ対応。そして、恋のチャンスを逃がさないボディでいてくださいね。

KIE(よしずみ きえ)
YOGA surya主宰、ヨガインストラクター。通常のスタジオレッスンの他、プライベートレッスン、イベントレッスン、動画講座などで活動中。また自身も、美と健康の追究に情熱を燃やす。

RECOMMEND