Health & Beauty

聞いたことはあるけど、早寝早起きは本当にホルモンバランスを整える?

2019/06/24

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。女性ホルモン研究家でもあり、不妊や産前・産後ケア、生理トラブル、更年期障害といった女性特有の症状に特化して治療をされています。今回は「早寝早起きをするとホルモンバランスが整う」というお話です。

ホルモンが分泌されるのは睡眠中

早寝早起きが健康にいいことは、誰もが子どものころから知っていますが、ホルモンにもいい影響を与えるのでしょうか?真理先生、教えて下さい!

「睡眠が不規則になると、ホルモンバランスが簡単に崩れることが実証されているんですね。なので、ちゃんと早寝早起きしましょう。一定のリズムで早寝早起きすると、よりホルモンバランスが整いやすくなります」

「年間通して、寝る時間と起きる時間を一定にすると、睡眠中に自力でホルモンを分泌するようになってきます」

ホルモンは、眠っている間に分泌されるのです!暗くなったら眠り、明るくなったら起きる、自然な睡眠が正常なホルモン分泌を促します。

半年間、早寝早起きを続けよう

真理先生が強調するのは、早寝早起きを“続ける”ことの大切さです。

「すぐには結果が出なくても、辛抱強く、半年間は早寝早起きを実践していくことが大事になってきますね。半年間続けないといけない理由は、排卵が起きる前段階で、約6カ月間準備してセッティングされた卵が出てくるから。つまり原子卵胞が成熟し排卵するまでには、約半年間かかるのです」

「そのため、体内リズムを改善していくには、半年という時間がかかってきますね。“急がば回れ”です」

乱れてしまった体内リズムを整えるには、半年という時間が必要。少し根気がいりますが、何より大切な体のために、早寝早起きの生活にしてみましょう!

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。

RECOMMEND