YOLO

Health & Beauty

95%の潜在意識に語りかければ すべてのことは上手くいく!?

潜在意識にアクセスして自分を変容させる

「寝たままのヨガ」とも言われるヨガニドラーは、横になってリラックスした状態でできるヨガのこと。最近は、100万ダウンロードを超える人気のスマホアプリ『寝たまんまヨガ簡単瞑想』で、このヨガのことを知った人も多いかもしれませんね。

簡単に言うと、インストラクターのガイドに従って行う「ガイド瞑想」です。

これのすごいところは、潜在意識(深層にある自覚できづらい意識。無意識)に入り込んでいけること。

脳科学では、顕在意識(表層の自覚できる意識)の領域は、脳のたった5%程度と言われています。残りの95%は潜在意識で、潜在意識が活動するのは、何もしていないボーッとしている時間だということがわかってきています。

ヨガニドラーのガイドによって、体も脳もリラックスした状態に導かれると、顕在意識から潜在意識への扉が開かれます。潜在意識に触れた後、誘導によって潜在意識に心の中で語りかけることで、深く刻み込まれた記憶を書き換え、過去の記憶や感情を手放していくことができるのです。

これを使うと自分自身を変容させ、なりたい自分になることもできるのです!

例えば5%の顕在意識で「朝寝坊をやめたい!」「甘いものを断ちたい!」「トレーニングの三日坊主をやめたい!」と何度強く思ってもできないものが、95%の潜在意識に語りかけることでそれは19倍もの力になります。そして、どんどん実現していくことができるというわけ。

ヨガニドラーを経験したことがない人は、ヨガスタジオに行って、直接ガイドで導いてもらうのが一番ですが、スマホアプリを活用するのもgood!

日常でできる潜在意識へタッチ

ここでは、日常でもできる二つのことを実践してみましょう。

【ボーッとする】
ボーッとしたりまどろむ時間は、脳が全体的に活動し、潜在意識側にアクセスしやすくなっています。お風呂の時間や寝起き、寝入りのまどろんだ時間にひらめきやすいのも、それが理由。電車の中でも食事中でもスマホを片手に情報を追い続けていると、脳が悪い循環を起こしてしまいます。たまにはスマホを手放し、ボーッと過ごしてみて。

【何かをする時は集中する】
ボーッとする時間を味わう一方で、ご飯を食べる時は食べることだけに、トレーニングシューズを洗っている時は洗うことだけにと、何かをする時は一つの行為に集中を。何かをしながら別のことをしていると、心と体がバラバラになってしまいます。「今」という瞬間に没頭することを積み重ねれば、いつの間にか繰り返し浮かんでくるイヤな考えもなくなっていきます。

ライター:平地紘子
出典:Yogini・vol47/「自分自身の変容もできる! 緊張を解き放ち本当の自分に出会えるヨガニドラー」
監修:キミ(スタジオヨギー エグゼクティブ・ディレクター。スマホアプリ『寝たまんまヨガ簡単瞑想』を監修)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE