Health & Beauty

誰でもできる。なりたい体は呼吸+動きで制す!

心身によい影響を与える呼吸+動きの効果は?

ダイエットとアンチエイジングと言えば、女子なら気になる永遠のテーマ!
毎日トレーニングしている美トレ女子なら、運動量も足りているかもしれないけれど、「トレーニングはしてみたいけど、外出も億劫でなかなか行動にうつせない…」なんていう一歩踏み出せないアナタ! まずは、自宅でできる呼吸+動きの簡単エクササイズにチャレンジ!

この簡単エクササイズは、呼吸を意識して動くので有酸素運動になり血流をよくしてくれる。また、呼吸は吸う息で交感神経を、吐く息で副交感神経を刺激するのでリラックス効果も得られて一石二鳥なんです。

すぐにできる! なりたい体を手にいれる4つの動き

女性らしいウエストのクビレ、引き締まった二の腕など部分トレーニングで若々しさをアップ。上半身、下半身とまんべんなく効く動きはスタイル維持に欠かせません。

【ウエスト】
くびれがほしいウエストは、直接手で刺激ながら動くことが効果的!

1:両足をくっつけて背筋を伸ばし正しい姿勢で立つ。肩を下げ、両手5本指をそろえてウエストのワキ(背中より)に置く。鼻から息を吸いながら手のひらからの中心に向かって力を込める(ウエストを細く絞るイメージ)。
2:フンッとお腹から息を一気に吐きながら、力を入れていた手を前のほうにスライドさせ、ウエストを刺激。この時、勢いで両手が合わさってパンッとなるくらい。

【二の腕】
歳とともにタルミが気になる二の腕の後ろ側は、壁を使って引き締め!

1:壁に背を向けて両足をそろえる。足は壁から少し離し、肩だけ壁に触れるように後ろに傾いて両手を広げる。手のひらは壁側。肩は上がらないように注意。
2:その場で息を吸い、吐きながらゆっくり壁を押し、肩甲骨と両腕を寄せる。吐きながら元の位置へ。

【下半身】
スタイルのキーとなる下半身は細いだけでなく筋力も必要!

1:まっすぐな姿勢で立つ。足は肩幅より広く広げ、足先は外に向ける。手のひらを内側にして体の芯を意識。
2:その場で息を吸い、ゆっくり吐きながらその姿勢をキープし、腰を下ろせるところまで下ろしていく。吸いながら元に戻る。

【上半身】
体に酸素を行き渡らせ、エネルギーが満ちてくるやる気もアップ!

1:正座をして、手はこぶしを握り、両肩のわきに添える。ワキは締める。
2:吸いながら手のひらを開き、両腕をまっすぐ上げていく。手は耳の横を通過。
3:両手をまっすぐ上げたら、頭を二の腕で挟むようにする。吐きながら戻る。

想像以上にキツイものもあるけれど、全身くまなく動かせばスッキリできるはず。毎日無理なく続けていくうちに、ズボラが解消されてトレーニングに目覚める日も近いかも!

 

ライター:北川彩
出展『Yogini』vol.39「呼吸と動きで体を温めれば体が変わっていく!」
監修:シュミッツ千栄子/呼吸デザインセンター代表。インド政府認定ヨガ・呼吸法・瞑想講師

RECOMMEND