YOLO

Health & Beauty

ヨガをするといい人になる? 「あの人変わったよね」の秘密

ヨガをしていると、何だかいい人になっている…そんな話を、よく聞きませんか?穏やかになって、優しくなって、人の話をニコニコを聞いている。前は怒りっぽくて、自分のことばっかり話してたのに!って感じの人が、すごく変わって評価が高まるのは、ヨガではよくある話です。それはなぜなんでしょうか?

カラダが冷えると心も冷える

すごく緊張した時、手足がとても冷たくなった経験はありませんか?心が穏やかでない時、人間の体は冷えるのです。その冷えた体を温めようすると、カラダは交感神経にスイッチを入れる→心拍数が上がる→呼吸が速くなる、という仕組みになっています。

現代社会では、季節を問わず、冷えた食べ物や飲み物が手に入るし、暑い夏でもエアコンで体を冷やしてしまう人も少なくありません。でも、心と体は同じもの。体が冷えれば、心も冷えてしまうんです。だから冷えたカラダを解消して温めることは、心を温め、安定させることでもあるんです。そして、その手段としてヨガは有効です。

ヨガで何より大切なのは、呼吸。呼気(吐く息)は副交感神経、吸気は交感神経。吐くことを大切にして、深く呼吸をしていくと副交感神経が優位になり、徐々にリラックスした状態になっていきます。深い呼吸を続けると、全身に酸素が十分に供給され、酸素によって熱が全身に運ばれ、体が温まります。またポーズで硬くなっていた筋肉が、ヨガの動きで緩むと、縮こまっていた血管が拡がって、流れの滞っていた血液が動き出し、血流がよくなります。それによっても熱は全身を巡りやすくなります。

体が温まると副交感神経が優位になり、アセチルコリンという神経伝達物質が出て、血管は拡張し、心拍数は低下。体の中で起こっていることのおかげで、心が落ち着いてくる、というわけです。

カラダが緩むと心の器が大きくなる

筋肉が緩んで全身が温まると、副交感神経が優位になり、緊張から溶けた心がのびのびとしてきます。余裕のできた心は、少し自分を客観視できたり、物事を俯瞰にて考えることができるようになります。だから、少し気になることがあっても、すぐにイラっとすることなく、「なぜ、そんな風に考えるのかな」と状況を眺めることができるようになるのです。1回の呼吸の長さが少しずつ長くなるにつれて、心の器も大きくなっていくようなイメージです。

ヨガを続けていくと、そんなことが普通になり、底上げされていくので、どんどん器が広がっていくのです。そうすると、怒りや恐れや苦手なものを入れても、あふれるまでにはまだまだ余裕があり、そんな対応をできるようになるのです。

だから、ヨガをすると「いい人」になっていくわけ。そして、いい人の周りにはいい人ばかりが集まるから、影響しあって、どんどんいい人度が増していくのです。

だから、最近、なんだかイライラするな〜と思っていたら、まずはカラダを温めることから始めましょう。心も同時に動き始めますよ。

 

ライター:豊田紗江
出典:『Yogini』vol.43「はじめてのヨガ ヨガをすると、何が起こるんだろう?」
(監修:川島朗先生/医学博士。03年日本初の統合医療診療を行う「東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック」所長就任。現東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE