YOLO

Health & Beauty

睡眠は人生の質を上げる!?いい睡眠のための3つの方法

睡眠は人生の質を上げる

トレーニング後の適切な栄養補給と疲労回復は、トレーニング以上に大事。これができていないと、疲労が蓄積して、パフォーマンスの低下だけでなく、体を壊すもとにもなってしまいます。

アスリートだけでなく、一般の私たちも同じです。特に、質のいい睡眠は美容と健康、健全な心のためには重要。でも質のいい睡眠は、意外に難しいもの。ここでは良質な睡眠を取るため、インドの伝承医学 “アーユルヴェーダ”の方法を紹介。

アーユルヴェーダ的睡眠の重要性

“アーユルヴェーダ”では、生活を整えることで、不調が出にくい体と心になるという生活の知恵。心身を整える予防メソッドがたくさんあります。その“アーユルヴェーダ”の中でも重視されている睡眠。良質な睡眠を取ることで、自律神経が整い健康な体となることを、すでに4000年の昔から提唱しているのです。

ここではアーユルヴェーダのメソッドから、特に効く3つの方法を紹介。

01. 頭皮のトリートメント
トリートメントに適しているのが、頭皮の老化防止効果が抜群な、“セサミオイル”。湯煎などで少し温めてから使いましょう。20cc程度が目安。

まず、髪は濡らさずに、頭頂部から、手のひらで円を描くようにトリートメント。そのまま指を立ててサイド、後頭部へと下りていきます。耳のまわりや耳たぶも刺激!洗う時は、髪を濡らす前に、泡立てたシャンプーを頭皮に混ぜ込ませておくと油がキレイに落ちます。

「しっかりトリートメントして、シャワーを浴びたら、もうあっという間に寝オチ!」というほど、効果絶大な頭皮のトリートメント。入浴前でも湯船につかりながらでもOK!髪もツヤツヤになり一石二鳥です。

02. 寝室をリラックスできる環境に!

ぐっすり眠るには、部屋を真っ暗にすること。実は少しでも明るいと、副交感神経へのスイッチの切り替えがしにくくなるのです。だから、できればパソコンやテレビ、スマホは寝室に置かないように。特に、スマホのスクリーンの光は脳に大きな刺激を与え、自然に眠りを誘うホルモン「メラトニン」の分泌を抑えてしまいます。

アロマやパワーストーンなどヒーリング効果のあるものを置くのもオススメ。アロマは、サンダルウッドやラベンダーなど鎮静作用のあるものがいい。ただし、ラベンダーは血圧を下げがちなので、低血圧で朝が起きにくい人は注意。パワーストーンは、浄化作用のあるクリスタル、癒しや恋愛運アップの効果があるローズクオーツなどがいいでしょう。

03. 瞑想や呼吸法を取り入れる

眠れない時は、頭の中がいつまでも動いてオンの状態のことが多いもの。瞑想や呼吸法を使って、脳内のスイッチをオフに変えましょう。

瞑想や呼吸法と聞くと、一人静かに過ごせる場所で、それなりに時間をかけてしなくてはいけないと思っていませんか? 実は時間や場所を選ばずに気軽にできるもの。移動中の電車や飛行機の中、仕事が終わったデスクなど、その場でちょっと呼吸を整えればいいのです。深い呼吸をし、集中する時間を作ることで頭の中が静かになり、質のいい睡眠が取れます。時間はあまり気にせず、気軽に始めてみましょう。

しっかり睡眠を取れば、翌日の頭の働きも違ってきます。仕事や家事を効率よくこなせそうですね。

 

ライター:豊田紗江
出展『Yogini』vol.52「アーユルヴェーダの知恵で浄化! 自然体で生きる方法」(監修:福田真理/米国ナショナル・アーユルヴェーディック・メディカル協会の日本唯一の認定プロフェッショナル・プラクティショナー)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE