Food

水の違いに気づいてる? ミネラルウォーターの種類と選び方

日本は軟水の国

日本の国土は山がちで森が多く、湧水も豊富。環境省の「名水100選」があったり、飲める井戸水があるなど、水に関しては実に豊かな国です。特筆すべきは質には賛否両論ありますが、水道水が飲めること。世界でも水道水がそのままのめるのは15カ国程度しかないと言われています。

ただ飲料水としての天然水となると、ミネラルウォーターを購入することも多くなります。種類がたくさんあるだけに、選ぶのも悩ましい…。一つの基準としてはやはり生まれた地域の水が、体に合うようです。

水には大きく分けて軟水と硬水があります。軟水は口にした時、なめらかで軟らかい感じ、硬水は硬い感じがします。その違いは鉱物の入り方。日本は土地の傾斜が急なので、水にミネラルがとどまりにくいそう。だから日本の水は鉱物が少ない、軟らかい質の水になるのです。

逆に言うと、硬水は鉱物が蓄積されやすい土地から汲み取る水。だからミネラル分が豊富になるというわけ。

日本人は軟水で育ってきているので、体は軟水を受け入れやすいのです。鉱物に慣れていないので、体内にため込んでしまう可能性も。好みで選びつつも、体の調子と相談しながら選ぶのがおすすめです。

 主な水の種類

【天然水】
単独の地下水源から採水された原水のみが原料。ミネラルウォーターではない。ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターがある。

【アルカリイオン水】
水源から採水されるアルカリイオンを含む水、もしくは制水器で作られるpH9〜10の電解水。疲労回復や胃腸の不調の改善などにいいとされる。

【バナジウム水】
天然のバナジウムを含む。含有量が多いほどよく、毎日飲むことで熱中症を予防したり、血糖値を下げるなどの効果を得られるとされる。

【海洋深層水】
太陽の光が届かない、水深200m以下の深海を流れている海水。菌の繁殖を防ぐことができ、浄化性が高い。深い場所から採取するので安全。

【水素水】
体の細胞を通りやすい浸透率の高い水素分子を多く含む。酸化した細胞の回復に役立ち、アンチエイジングや毒素排泄に向いているとされる。

【温泉水】
各地の温泉が水源。ミネラル分を多く含み、整腸作用などがある。海外では温泉に入らず飲む「鉱泉法」という温泉の用い方がある。

【炭酸水】
炭酸が含まれている水で、海外ではミネラルウォーターと言えば炭酸水。疲労回復力が高く、お腹が膨らむことからダイエット効果もあるという。

 

ライター:幸雅子
出典:『ヨガと食事』/「食の基本についておさらい」
監修:村瀬政典(株式会社がいあプロジェクト「GAIA代々木上原店」店長。まったく異なる業界から転職し、約6年前に店長に。
以前の経験と、身を以て知ったオーガニック食材の素晴らしさの両方の見地から、安全・安心、そして頑張りすぎない食材の選び方を提案する。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE