YOLO

Health & Beauty

顔を見て内臓の不調がわかる!? 自己望診断を取り入れてみる

今自分に必要なヘルスケアがわかる

顔から読み取れるのは表情だけではありません。色や質感の状態から、内臓の好・不調、体質、食生活の偏りまで見えてきます。その診断法として伝わるのが「自己望診断」。顔を観察することで体のコンディションを見る、マクロビオティックの手当法です。

例えば肌の色。甘いものを食べすぎたり、カルシウムが不足していると、肌は赤みを帯びてきます。緑黄色野菜の不足は黄味となるし、アルコールの取りすぎは肌を茶色くさせます。

足裏に全身の反射区があるのと同じように、眉間は肝臓、ほおは肺など顔には各臓器のゾーンが配置されています。ここに起きる変化を見つめることで、不調が起こっている可能性を判断することができるのです。

3〜10分という長い時間、同じポーズを取り続けることで、経絡への刺激を重視する「陰ヨガ」のメソッドで、体を内側から元気に。控えたほうがいいもの、積極的に取ったほうがいいものもチェックしてみましょう。

【陰ヨガ+αの対策法】

■眉間にシワがある人は「肝臓」

肝経が通っているのは上半身の側面。上半身を前に倒さないように注意しながら、ワキから腰にかけてゆっくりとストレッチ。

消化・吸収に加え、解毒の働きもある肝臓は、疲労しやすい臓器。酸味のある素材を取って疲れをいたわりましょう。

■目の下にクマがある人は「腎臓」

ふくらはぎの内側、内モモ、腹と胸を通る腎経を刺激。手とヒザの位置を調整し、気持ちよくストレッチできる体勢を探して。

バナナやマンゴーなどの南国の食品は、体を冷やし腎臓に負担をかけます。コーヒーのカフェインも悪影響があるのでNGです。

■アゴに吹き出物がある人は「生殖器」

合わせた足裏を、できるだけ遠い位置にセットし、前屈。足と背面のストレッチで子宮・卵巣・膀胱などに働きかける。

カブやタマネギなど、地表にできる形の丸い野菜がおすすめ。地上からも地下からもエネルギーを得られて陰陽のバランスがよいためです。

■ほおが赤い人は「肺」

肺経の通り道は、胃・肺から腕の内側を通って手の親指まで。横たわり体をツイストさせながら、親指を意識して腕をグーッと伸ばす。

脂質が多い動物性の食物は、肺への負担がかかるので注意。牛乳やヨーグルトなど乳製品を取りすぎないようにしましょう。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.19/「顔を見て対処法を知る自己望診断を取り入れよう」
監修:中里貴子

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE