YOLO

Health & Beauty

翌日のメイクの仕上がりが変わる! 日常に○○○を加えて、差をつける

お風呂はどうして気持ちいいのか?

お風呂好きな女子、多いですよね。体を清潔に保つのはもちろん、一日の終わりに湯船に浸かる瞬間は至福の時!でも、なんでお風呂って気持ちがいいのでしょうか?

一つはお湯に浸かることで、発汗による毛穴のクレンジングがされること。汚れが落とされ、さっぱり感を感じることができます。体はもちろん、精神的な部分のさっぱり感もあるかもしれません。

もう一つは、適度な水圧による緩いマッサージ効果が得られること。実際のマッサージとは若干意味合いが違いますが、筋肉に軽い圧がかかるので、副交感神経を刺激することができます。

つまり、緊張していた神経を緩める働きが得られるというワケ。この二つが絶妙なリラックス感をもたらしてくれるのが、入浴の利点です。

さらに、お湯に浸かった時に「は〜っ」という言葉が出てしまうことがあるように、日本人の頭の中には「お湯に浸かる=体がほぐされる=リラックス」という図式がインプットされています。それだけで体が和らぐという効果もあるんですよ。

入浴の効果をより高める 半身浴の上手な方法

半身浴は、それらをより充実したものにしてくれる入浴方法の一つ。39度くらいの少しぬるめのお湯に、心臓の下(みずおち)までつかる入浴方法です。高さは、バスタブに椅子などを入れて調節しましょう。ちょうどいい高さ、姿勢を保つことが大事。あとはゆっくりと30分程度お湯に浸かるだけ。

寒い時は、肩にタオルなどをかけ、冷えないようにします。この時、タオルは乾いていることが重要。濡れていると乾く時に体温を奪っていってしまうからです。
また、バスタブに半分だけフタをすれば、蒸し風呂効果も得られて、より汗をかくことができます。お湯の温度を保つのにも、体を温めるためにもより効果的。十分に汗をかいたらお湯から出て、開いた毛穴の中の汚れまで洗って、シャワーで流せばすっきりです。

半身浴は長時間の入浴に意味があるので、お湯に浸かっている時間をいかに過ごすかも大切。バスルームで使えるデッキで音楽やラジオを聞いたり、フタを半分することで台にして、本を読んだりしてみませんか。

アフターバスのためには、ハーブティーや水を用意。お湯にずっと使って汗をかいているので、水分補給が必要になるためです。ハーブティーの種類はレモングラスやミントがすっきりしておすすめ。ただし、あまり冷たいものは避けましょう。

 

ライター:幸雅子
出典: 『Yogini』vol.5/「ヨギーにのためのアロマテラピー講座」
監修:大浦司

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE