Health & Beauty

下半身のむくみが気になる前に オフィスでチェアヨガ!

股関節とお尻をほぐして下半身の血行不良を改善

オフィスで座り仕事が続くと、体がかたまってしまうように感じます。トイレに立つとか、簡単に伸びをするとか心がけているのですが、夢中になると同じ姿勢のまま気がつけば2時間、3時間がすぎてしまっているということも…。

では「椅子に座っている」ということを逆手にとって、チェアヨガでリフレッシュしてみませんか?

今回ご紹介するのは「半分の蓮華座のポーズ」。股関節が硬いから、蓮華座が苦手、という人もぜひチャレンジしてみて。この方法なら椅子に腰かけて半分ずつ行うので、安定して気持ちよく股関節が開けるので安心です。

このポーズの効能は、
・ 股関節を開いて、股関節周りを柔軟にする
・ お腹を刺激するので、骨盤まわりの血行促進
・ いつでも気軽に骨盤のバランスを調整
下半身の血行不良改善におすすめのポーズです。

半分の蓮華座のポーズ

1:椅子に座り、右足首を左モモにのせる。足裏を真横に見せるように。
右ヒザが上がってもOK。骨盤の上に両肩があるイメージ。

2:両手を右足に添えて、息を吐きながら、足の付け根から上体をゆっくり倒す。背中を丸めないように。吸いながら戻り反対側も行う。

大きな動きではないけれど、気持ち良さは抜群!オフィスでも家ででも。隙間時間にトライしてみてくださいね。

 

ライター:幸雅子
出典:『ヨガのポーズが丸ごとわかる本』/「シニアにもオフィスにもチェアヨガは万能」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE