Health & Beauty

いつでもすぐにできる。その目の疲れを解消する「ツボ押し」!

毎日の生活の中で、現代人の目は酷使されている

日常生活では眼を酷使することが多いですよね。長時間のパソコンワークやスマートフォンなど、大変な疲労になります。

視力が低下すると、真っ先に影響が出てくるのが、肩と首。見えないものを見ようとして、体を緊張させています。肩や首まわりをほぐすと、ずいぶん視界が明るくなるはずです。

ケアすることで、体にもいい影響を与えることができます。デスクワークの合間には背筋を伸ばしたり、肩や首を回して、ほぐしてあげてください。

あなたと一緒に頑張って働いている眼も、時々癒してあげましょう!

眼精疲労には「ツボ押し」が効果あり。簡単で気持ちいいセルフケアなので、ぜひチャレンジしてみてください。

家でできる目に効くツボ押し

【ドウシリョウ】
親指で目尻から約1cmの窪み「ドウシリョウ」を刺激しつつ、人さし指で目の縁と眉毛を刺激します。親指と人さし指以外は折りたたんで、眼球を押さないよう注意。

効果:パソコンの画面を見続けるなど目を酷使した後や、目の充血・かすみが気になる時に行うと効果があります。また頭痛の際にも効果を発揮します。

【タイヨウ】
こめかみの窪み「タイヨウ_に親指のお腹部分を当てて刺激します。それ以外の指を頭に添えて、強く揉みほぐします。

効果:別名「眼医者殺し」と言われるツボで、眼精疲労や頭痛、歯の痛みにも効果を得られる他、精神を安定させて脳をすっきりさせてくれる効果も。

【セイメイ】
両手の人さし指で眼の間の窪み「セイメイ」を押すように。気持ちいい強さで刺激しましょう。約1分間ほど押し続けます。

効果:眼の機能をアップさせる特効のツボです。眼のクマに効果的で、潤いを与えてくれます。押し続けて、血行を促進させてください。

終わった後は眼がキラキラになっちゃうかもしれません!

 

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.34/「うるおい美眼ヨガを体験!」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE