YOLO

Health & Beauty

夏は自律神経が乱れやすい! 不調を引き起こす前にヨガのポーズで解消

夏の不調が起こる前にヨガ

天気がどんどん変わったり、気温が急上昇したり、エアコンの風が冷たすぎたりで、自律神経が乱れやすい、この時期。そのせいで、うまく寝つけないとか、だるさが続いたり、食欲が湧かなかったり、とさまざまな不調を引き起こしかねません。そんな自律神経の乱れを整えてくれるのが、ヨガ。深い呼吸により、内臓をマッサージして、体温を正常に保つ働きを助けてくれます。

また、現代人は吐く息が短くなりがちで、そのため交感神経が優位になりやすいのが特徴。そこでヨガで吐く呼吸を意識することで、吐く息と吸う息の長さが同じ程度になり、交感神経と副交感神経のバランスを整えていくことができます。

今回は、夏バテ解消・予防に効果的なヨガポーズを二つ紹介!呼吸を意識して、ゆったりした動きで行い、心身を安定させていきましょう。気持ちいいタイミングで、楽しんでやるのも大事です。

ねじることで消化器官を刺激

【ねじりのポーズ(アルダマッツェンドラーサナ)】

強くねじり、深い呼吸をすることで心身にある不純物を燃やし取り除くポーズ。

1:両脚を伸ばして座り、目は閉じる。
2:右ヒザを曲げ、カカトを左のお尻の近くに置く。両座骨を均等に床につけて正面を向き、カラダを安定させる。

3:息を吸いながら両手を前から上に伸ばし、背骨を伸ばす。息を吐きながらカラダを右にねじり、肩越しに後ろを見る。
4:ねじったまま、一定の穏やかな心地の良い呼吸を行う。

頭を逆さにぶら下げて脳をリフレッシュ。

【立った前屈(ウッタナーサナ)】


立ったまま行う深い前屈。頭が逆さにぶら下がり、新鮮な血液が脳に行き渡る。

1:両脚を平行にしてまっすぐに立ち、左右の脚を股関節の幅に広げる。
2:息を吐きながら、脚のつけ根から前屈。背筋を伸ばし、肩甲骨は腰のほうへ引き下げる。腹部がモモの上にのるようにして、首を伸ばして頭を垂らす。

ヨガは心と体を整えるメソッドです。呼吸をとめずに意識して行うだけで、体調に好影響を与えます。夏を元気に過ごせるよう、さっそく始めませんか?

ライター:中村千春
出典:『Yogini』Vol.38「52人の先生で魅せる基本のポーズ52」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE