YOLO

Health & Beauty

遊び疲れた一日をリセットする腰痛防止のヨガポーズ

重力による体への負荷をリセット

外で一日遊んだ時って、激しく動いていなくても結構疲れていますよね。特にショッピングや展覧会巡り、ライブなど、立っている時間が長いほど、足腰の疲労が大きいものです。

二足歩行である人間は、それを補うために背骨にS字カーブを作りました。しかし重力から解放されたわけではなく、時間がたてば体への負荷は高まります。その負荷は定期的に解消していかないと体にたまっていき、気づいた時には不調をもたらすのです。

今回は、体が受けた負荷をリセットするヨガのポーズを紹介します。腰が受け止めた負荷を解消してくれるポーズなので、腰痛予防にもなります。遊びでも仕事でも、今日は一日頑張ったな〜という日はもちろん、特に何もなかった場合でも、寝る前に行うことで一日の疲れをリセットする習慣をつけていきましょう。

【腰痛防止のポーズ】

1:平らな場所に仰向けになり、両手を肩の高さで横に伸ばす。手のひらは下に向ける。
2:右脚のヒザを曲げる。息を吐きながらウエストをねじって、右脚を左脚と交差させる。この時、左脚は伸ばしたままにし、両肩とも床から離れないように。
3:息を吸いながら顔を右へ向けて、この姿勢のまま気持ちいいだけ呼吸する。
4:息を吸いながら顔と右脚を戻し、反対側も行う。

腰をねじって気持ちいいと感じるのは、腰への負荷がたまっているからこそ。無理をしない程度にねじりましょう。

 

 

ライター:豊田紗江
出典:『ヨガのポーズが丸ごとわかる本』

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE