YOLO

Health & Beauty

夏の疲れをゆったり入浴で取り除くアロマ遣い

アロマバスでゆったり入浴

8月後半、台風がいくつもやって来て、また不安定な天候になりそうですね。暑い夏の疲れが出ているこの時期は、不安定な天候で調子を崩しがち。そんな時は予防としての入浴をオススメします。少しぬるめの湯にアロマオイルを垂らして、ゆっくり浸かってみませんか?

花の香り成分を抽出するアロマオイルは、種類ごとのさまざまな香りとともに、多くの効能が知られています。芳香浴やアロマトリートメントなど使い方もいろいろとありますが、簡単で作用も十分、何しろ気持ちいいのがアロマバスです。

アロマバスは、湯船にアロマオイルを垂らして入浴するだけ。とっても簡単です。直接湯に垂らしてもいいし、バスソルトに垂らしてもいいでしょう。湯気に合わせて立ち上がる香りによって脳がリラックスするとともに、皮膚からの経皮吸収で体へも作用します。それだけに使用するオイルは天然成分100%のものを選ぶのが大事です。

電気を消して、キャンドルを灯しての入浴も、一日の疲れを癒やすのにオススメです。

自分の好みの香りをチョイス

アロマオイルにはさまざまな香りがありますが、本当は何を使ったら自分にとっていいのかは、自分の体だけが知っています。「いい香りだな」と思った香りの成分が、今、自分が一番欲している作用なのだそうです。例えば、ラベンダーなら「癒やし」、ゼラニウムなら「女性ホルモンのバランス」、ベルガモットなら「うつうつとした気持ちの解消」などです。いくつかの香りを用意しておいて、その時の好みに合わせて使い分けたり、ブレンドするといいでしょう。

ここでは、入浴にオススメのアロマオイルを紹介します。

【ラベンダー】
アロマテラピーと言えば、ラベンダーというほど有名で人気が高い香り。「万能精油」とも言われ、癒やしの他、抗炎症、怒りの鎮静、安眠、皮膚トラブルの解消など、いろいろな用途に使えます。

【ゼラニウム】
バラのような優しいフローラルな香りで、バラの代用としてもよく使われます。女性ホルモンのバランスを整え、生理痛やPMS、更年期障害などに作用します。不安感やストレスを解消し、アンチエイジング効果も期待できます。

【ベルガモット】
柑橘系の香りで、他のアロマオイルとの相性もよく、ブレンドしやすいのが人気のポイントの一つ。天然の抗うつ剤としてうつうつした気持ちを明るくし、良質な睡眠に導きます。胃腸の調子も整えてくれます。

【ネロリ】
ローズなどと並んで高価な香り。精神安定剤として名高い上に、肌の新陳代謝を促す作用も。肌をプリプリにし、シミやシワも解消させてくれます。

【ペパーミント】
おなじみミントの香りは、リフレッシュしたい時にオススメ。さっぱりとした感じ、清涼感が高まるので、暑い日中の長湯にも向いています。脳の働きも活性化させてくれます。

 

毎日の入浴をよりリラックスした時間にするために、アロマオイルは最高の友人。まずは好きな香りを手に入れることから始めてみてください。

 

ライター:三上あずさ
出典:『アロマテラピーが丸ごとわかる本』

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE