Health & Beauty

細胞レベルでエイジレス!瞑想とヨガで美しさをキープ

ヨガの瞑想とポーズがアンチエイジングに

毎年、誕生日を迎えるのはうれしいような、また年を一つ重ねたと思うような、複雑な乙女心…。いつまでもエイジレスな永遠の美しさは憧れますよね。

細胞レベルを若く保つには、瞑想やヨガがオススメです。瞑想って難しく思えるけど、取り入れてみると、実はそんなに難しいことではないかもしれません。ヨガや瞑想と若さの関係を、科学的に検証します。もう歳を取るのが怖くないかもしれませんね。

瞑想をすることで細胞レベルから若く保つ

人間の体にあるおよそ60兆個の細胞。この一つひとつの老化がいわゆる“老化”につながります。この老化に深くかかわる、染色体の末端部分にある「テロメア」という数珠のような構造体が、切れる時に細胞が死ぬと発見されています。細胞自体が老化すると、体も老化します。表皮に近ければ、それはしわの原因になります。

しかし、「テメロア」を切れにくくすれば、若さを保つことが可能です。その一役を担うのが酵素。そして「テロメア」を切れにくくする酵素の「テロメラーゼ」は、瞑想状態の時に分泌されることがわかってきています。ですから、瞑想には体を細胞レベルから若く保つ効果があると言えるのです。

瞑想によって心の深い部分から美しさを保つ

気づきの瞑想として「マインドフルネス瞑想」という方法があります。

聞こえてくる音や体の感覚といった“今起きていること”に集中し、心配事や不安から一時離れる瞑想法です。この気づきの瞑想状態にある時、大脳の後部帯状回という部分が活性化します。ここは感情の形成や記憶に関連する部分で、気になることや自分の感情を整理しています。瞑想を繰り返すことで、この部分が活性化し、ストレスに動じない心を作るのです。

感情やストレスにおかされない芯のある美しさは、今に集中する気づきがもたらす。瞑想が若さを保つ、もう一つの理由です。

呼吸とヨガのポーズを組み合わせて若さを保つ

シミ、シワ、そばかすなどの老化の原因は、細胞の酸化によるもの。酸化の原因は体内で発生する「活性酸素」です。ストレスやタバコの煙、大気汚染などが要因になります。

そして、この活性酸素を減らす効果があるのが、有酸素運動。酸素を取り込む一方で、抗酸化酵素を発生させ、染色体末端部分の老化に深くかかわる前述の「テロメア」の構造体の破損を防ぎます。呼吸をきちんと意識しながらヨガのポーズを行い、有酸素運動にすることも、若さをキープするための方法というわけです。

瞑想や深く呼吸をするヨガのポーズは、私達をエイジレスに導き、美しさを担保します。自分の限界を作るのは自分。いつまでも素敵な女性でいるために、瞑想とヨガ、さっそく始めませんか?

ライター:安藤けいこ
出典:『Yogini』vol.44 「ヨガがエイジレスな美しさをもたらす理由」
監修:石井正則。医師。2006年に大病をして入院した際に出会ったヨガが、回復のきっかけとなる。スタジオヨギーの公認インストラクターとなり、さまざまなヨガを学ぶ。

RECOMMEND