Health & Beauty

ふっくらした美肌!皮膚のアンチエイジングにヨガが効果的なワケ

肌の老化の原因は大きく分けて三つ

プルンとしたキメ細かい、ハリのある肌は、女性の永遠テーマ。いくつになっても、美肌の持ち主にどんなケアをしているのか聞きたくなりますよね。美肌のアンチエイジングの一つとしてオススメはヨガ。健康的で肌の血色がよく、肌ツヤがあり、年齢問わす美しい人って、ヨガをしている人の中にとても多いのです。

肌の老化の原因は大きく分けて三つあります。
・光老化
・乾燥老化
・自然老化

このうち、光老化と乾燥老化は外的な要因によって起こるもの。そこで、光老化の対策には紫外線予防のUVクリームを塗ること。そして、乾燥老化には、美容液などで保湿し水分を保つこととなります。

自然な劣化にはヨガがオススメ

ヨガがケアになるのは、三つ目の自然老化へのアプローチ。

肌の外側からでなく、内側から体と心に働きかけることで緩和できる老化予防です。ヨガには、自然老化のスピードを緩める要素があります。

・筋力アップ
筋肉が鍛えられることにより、細胞の一つひとつは強く太くなり、機能的に働くようになります。新しく生まれた細胞を表面へと押し上げ、角質となってはがれ落ちることで、新しく生まれた肌がいつも若い肌をキープ。肌のターンオーバーがスムーズになるのです。

・代謝がよくなる
体を動かし汗をかくことで 、しっかり水分補給をしながら汗を流すので、体内の水分循環がスムーズに。格子状になっている皮丘と呼ばれる肌表面に水分が行き渡り、肌はみずみずしく、ふっくらと膨らみます。汗の排出活躍によって循環がよくなり、隅々まで水分が届くと、柔らかくキメ細かな肌になります。

皮膚の断捨離

要は皮膚の断捨離。体内の毒素と同じく、肌の表面に不必要となった古い細胞をためることなく、スムーズに角質となってはがれ落ちるための新陳代謝を促します。

肌の新陳代謝は、基底層の基底細胞が分裂を繰り返すことで、新しい細胞を角質へと押し上げる活動がポイント。細胞分裂のためには、表皮の下にあるリンパ管や毛細血管が、スムーズに働くことで代謝を活発化。それにはヨガが効果的に働き、美しい肌を作りあげてくれるでしょう。

ライター: 安藤けいこ
出典: 『Yogini』 vol.18 「ヨギーニの美しさを科学する」
監修: 北澤秀子/ 皮膚臨床薬理研究所代表取締役。化粧品をはじめ美容全般の研究に長く携わる。

RECOMMEND