Health & Beauty

腰が下がって猫背に…。姿勢もスタイルもダメにするX脚解消エクササイズ

意外と多いX脚、その原因とは?

立った時にヒザ同士がくっつき、ヒザ下やくるぶしは「ハ」の字のように離れてしまうのが「X脚」。ヒザ下はO脚になっている場合もあります。ヒザをくっつけたペタンコ座りが得意な人や斜め座り、椅子で足を組むクセのある人に多いです。

O脚の人とは対照的に股関節が軟らかく、太モモの外側の筋肉が弱いので、太モモの骨が股関節から内側にねじれて、ヒザが内側に入ってしまっている状態。放っておくとヒザへの負担が大きくなるので、太モモの外側の筋肉をつけて整えましょう。

骨盤が後ろに倒れると猫背になる

今回は、後ろに倒れやすい骨盤を起こすエクササイズ。骨盤が後ろに倒れると、体はそれを補正しようとして、背中を丸めるようになります。そうなると誘発されるのが、猫背。デスクワークやスマホのせいで、首が前に出て猫背になっている人が増えている昨今、そこに輪をかけて姿勢を悪くしてしまいます。

骨盤後傾を解消してX脚を調整

ここからは、姿勢の悪さの原因になることも多い、骨盤の後傾を解消していくエクササイズです。X脚の人にオススメです。

【骨盤を立たせるエクササイズ】

1:両脚をそろえて伸ばし、長座で座る。カカトは90度に。手を腰に当て、少し骨盤を後ろに倒すようにして背中を丸める。目線も自然に下のほうへ。

2:後ろに倒れた骨盤をまっすぐに起こしてくる。胸を張るような気持ちで背中にS字カーブを意識してアーチを作り、腰は軽く反っているような状態に。目線はまっすぐ。

3:小刻みに20回行う。骨盤を立てた状態で長くキープする。

小さな動きですが、普段から骨盤が後傾していると、最初の長座だけでも結構キツく感じるかも。X脚ではなくても、椅子に座った時など背中が落ち、ヒザを開いた状態で座るクセがある人にもオススメです。

オフィスで人気の骨盤クッションにいつも座っている人も、ここを意識できるようになれば、クッションなしの座り姿勢が美しくなりますよ!骨盤の後傾が治ると、姿勢がよくなり、背も高く見えるので、ぜひエクササイズしてみましょう。

 

ライター:幸雅子
出典:『YOLO.style』vol.4/「その脚はまだきれいになる!」
監修:小塚愛美(パーソナルトレーニングジムAphroditeエグゼクティブトレーナー。ダイエットを成功させるエキスパート。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE