Health & Beauty

【1日5分&寝たまま実践】春になっても体が冷える…その症状ストレッチで改善!

春になっても夏になってもやっぱり冷えが気になる人に

夜、ベッドに入っても手足が温まらずなかなか寝つけない、室内でのデスク仕事でも手足が冷えて集中力がもたない…。そんな症状に悩まされる冷え症。冬の間は特にツライですよね。

でも、春になって暖かくなり、過ごしやすい日が増えても、そして夏になっても、冷えに悩まされる人は少なくありません。

冷えは、全身の血液の流れが悪くなって起こるため、気温が上がっても体質が劇的に変化することは実はなかなか難しいのです。

そんな冷えを解消するには、ストレッチが有効です。

スポーツやトレーニングをする前に行うストレッチ。運動前の「準備」という意味合いで行うことが多いですが、実はストレッチ自体が体にいい影響を与えることは、ご存知でしょうか?

1日5分の積み重ねで健康的てな体を自分で作る!

ストレッチが体にいい理由はいくつもあり、直接的には体の可動域を広げて柔軟性を高めたり、血液の循環を改善・向上させたりします。それらが間接的に長時間の同じ姿勢や運動不足による体の硬化を防ぐ、ケガの予防、あとに疲れを残さないといった機能面でのメリット、さらには美肌やダイエットといった美容面でのメリットをもたらします。

冷え症対策には、下半身の血流を改善するストレッチを行ってみましょう。下半身の血流を改善し、全身の血流を改善すれば、手足の末端部分への血流改善も期待できます。

寝ながらできる簡単なものなので、1日5分でも10分でも、気軽に行ってみてください。

ふくらはぎのストレッチ
左右各20秒キープ×1セット

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチ。血液の循環をスムーズにするポンプの役割を担うふくらはぎの筋肉をほぐすと、血流がよくなり冷え性が改善されます。足首を曲げながらヒザを伸ばすことで、ふくらはぎの筋肉がストレッチされます。

【1】
仰向けになり、ヒザを90 度に曲げる。ヒザの角度をキープしたまま片方の脚を胸に引き寄せ、両手で足先をつかむ。

【2】
足先をつかんだまま、足首を曲げながらゆっくりとヒザを伸ばしていく。太ももの裏ではなく、ふくらはぎの筋肉が伸びていることを意識する。

うつぶせ太ももストレッチ
左右各20秒キープ×1セット

脚の付け根周辺には太い血管やリンパ節があり、体液循環の中継地点になっています。ここの筋肉を伸ばすと、血液やリンパ液の循環がよくなり冷え性が改善。上体を反らしながら片方のつま先を斜め上方向へ引っ張ると、脚の付け根と太ももの前の筋肉が伸びます。

【1】
うつぶせになり、片方の手は顔の下に置く。顔の下に置いた手とは逆の脚のヒザを曲げ、もう一方の手で足先をつかむ。

【2】
ヒザを曲げた脚の甲からつま先にかけてをつかみ、ゆっくりと上体を反らしながら足を斜め上方向へ引っ張る。脚の付け根から太ももの前の筋肉までを伸ばす。

出典:『寝たまま簡単ストレッチ』(監修:比嘉一雄/CALADA LAB)
ライター:酒井あやこ

RECOMMEND