Lifestyle

7月を後悔しない素敵な月にするためのたった一つの方法

2019/07/14

今月のことが8月に影響する

こんにちは。数秘術カウンセラーの阿蘇湧真です。7月は「新しいスタート」の流れの月。今月自分が決めたことや、行動したことが8月以降に大きな影響を与えていきます。過去に縛られず、新しい自分で人生を創造していきましょう。

今回の記事では、今月のポイントとなる「勢い」についてお話ししていきます。「勢い」を味方につけることで、僕達は実力以上の未来に移行することができます。7月、後悔のない素敵な月にしていきましょう。

「勢い」を味方につける

世の中には同じ能力があっても、何倍も結果が違う場合があります。この違いの秘密が「勢い」です。

例えばですが、「立ち幅跳び」の世界記録は3m73㎝なのに対して、「走り幅跳び」の記録は8m95㎝です。この2倍以上の飛距離の違いを生んでいるのは、「勢い」ですよね。

人生でも、勢いを味方につければ、自分が思っている2倍も3倍もの結果は出せます。

もし、今あなたが、「自分の実力だと100m先までしか行けないかな」と思っていても、「勢い」があれば200m、300m先まで進めるということです。

カギは「始めること」

では、どうやって勢いをつければいいかというと、シンプルに「始めること」です。

興味がある習い事があれば、見学に行ってみる。

作家になりたいなら、とりあえず本を書く。もしくはブログを書き始める。セラピストになりたいなら、今学んだことでセッションをやってみる。誰にでもできる小さな一歩を踏み出すと、そこに勢いが生まれて加速していきます。そして、勢いのあるところに人も、運もエネルギーも集まっていきます。

多くの人は、「もっと準備ができてから始めよう」と思ってしまいます。でも、目的地まで連れていってくれるのは、実力や知識ではなく、実は「勢い」なのです。

ですから、何かを実現させる上では、「勢いをつけること」が最初のお仕事。少しずつでもいいので勢いをつけて、その中で実力や知識を身につけてみましょう。すると知識の習得にも勢いが出ます。

実際に2019年7月は、これまでの何倍も「勢い」がつきやすい一年です。この「勢い」を味方につければ、想像以上の未来をつくることができるでしょう。望む未来に向けて、「勢い」を生み出しましょう。

遠慮は禁物

時代は大きく変わり、「偽りの自分」を卒業し、「本当の自分」を生きるタイミングがきています。

これまでの人間関係や環境に違和感を感じたり、これまで我慢できたことができなくなってきた人は多いはずです。それは時代の流れが急速に自分の本質に戻そうとしているからです。

しかし一方で、「自分ばかり楽しんでいいのだろうか」、「自分が好きなことをすると調和を崩すのではないか」と罪悪感が湧いてくる方もいるかもしれません。

ただ、この時期は遠慮は禁物です。遠慮し合っていると、それぞれの人生が中途半端になってしまうからです。

まず、自分の気持ちに正直になり、「本当の自分」を先に生きること。そうすることで周囲の人がそれぞれのポジション(本当の自分)に戻るためのシンボルとなります。勇気を持って、一歩先に出てみましょう!

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ユダヤ人の大富豪やニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。

http://rakugaki-aso.jimdo.com

RECOMMEND