Lifestyle

パートナーと幸せになりたいなら、絶対に覚えておきたい大切なたった一つのこと

2019/07/27

大切なパートナーとの生活。これからもずっと、二人で幸せに過ごしていたい。そんな風に誰しもが思います。でも、勝手に幸せが続いていくことは、残念ながらありません。パートナーと幸せになりたいのなら、絶対に覚えておきたい大切なことがあるのです。これは何なのでしょうか?

相手が幸せにしてくれる?

パートナーとの幸せな生活は、どのように実現できるでしょうか?いつでも相手が自分を幸せにしてくれる?きっと答えはノーです。幸せになるためには、お互いの努力が欠かせません。相手にだけ、優しさや配慮を期待するのはやめましょう。相手がそのように自分に接してくれるのは、お互いにそうしているから。自分だけがそれを受取ろうと思うのは不平等です。

支え合いの関係

パートナーとの関係は、支え合いの関係です。相手だけが自分に尽くすのでも、自分だけが相手に尽くすのでもありません。お互いがそれぞれの時期や方法で支え合うことで、二人の関係はより深い、強固なものになっていくでしょう。そして、その安心できる信頼関係に、やがて心安らぐ幸せを感じることができるようになるのです。

一方的に注がれるものに、もしかしたら最初は幸せを感じるかもしれません。でも、やがてそれには満足できなくなり、さらに相手に対して要求をすることになるでしょう。そのような要求に、相手は永遠には答えてくれません。なぜならば自分が相手に与えるものがないからです。互いの信頼は築かれず、いつか破綻してしまうでしょう。

与えて、与えられる

パートナーとの幸せを願うのならば、相手に幸せにしてもらおうと思うのではなく、相手の幸せを願い、自分のできることを相手に出し惜しむことなく与えましょう。本当に大切な相手ならば、相手を思う行動そのものさえも、きっと自分の幸せとして感じることができるはずです。

そして、与えられた相手もまた、同じようにあなたに何かを与えようと努力するでしょう。その無償の与え合いが、お互いの幸せをかなえるために大切なことなのです。

相手の幸せをかなえる努力を

相手に幸せにしてもらうことを求めるのではなく、自分も同じように相手の幸せをかなえようと努力しましょう。お互いのその姿勢があって初めて、二人の幸せは築かれていきます。

そして、そこで構築された信頼関係は、何にも代えがたいものになるはずです。どんな些細なことでもいいのです。それぞれが自分のできることを、相手に与え、そこに喜びを感じる時、きっと二人の幸せが実現できるでしょう。

ライター:櫻井麻美
さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND