Lifestyle

久しぶりに会った友だちにモヤッ…ずっと変わらない関係って本当にあるの?

2019/09/04

仲のよかった友達と、久しぶりの再会。懐かしくてうれしい気持ちもあるけれど、話すほどに変わってしまった友達についモヤッとしてしまう…。この子ってこんな性格だったっけ?あのころと同じように、ずっと変わらない関係でいるにはどうしたらいいの?

懐かしい昔、そのままでいたい

昔の友達との再会は、当時を思い出して懐かしい気持ちになります。あの時の自分の状況と、友達との思い出はかけがえのない記憶です。そのままの関係で今もいたい、と思う気持ちは誰しも持っているかもしれません。

でも、今目の前にいる相手はその当時の友達そのものではなく、さらに自分もその当時のままではありません。そのギャップにモヤモヤを感じてしまったり、もの悲しさを覚えてしまったりすることもあるでしょう。

変わり続ける私達

月日は止まることなくすぎ去っていきます。私や相手も同じように、常に変わり続けています。ですから、当時の関係とまったく同じ関係であり続けることは、残念ながらできません。あのころに戻りたいと思っても、私達は時間を巻き戻すことはできません。月日がすぎていく中で、関係性も変わっていかざるを得ないのです。

そこでうまくいかなくなってしまうことも、中にはあるかもしれません。でも、反対にお互いの状況は変わっていくけれど、また新しい関係性を構築することもできるでしょう。

お互いの変化を受け入れていく

良好な関係でい続けるためには、まずお互いの変化を受け入れることです。それぞれの変化の中で、また寄り添い、助け合い、頼り合うことで、まったく同じではないけれど新しい関係ができ上がります。ライフステージが変わると、学生のころのような過ごし方とは変わりますよね。

でも、その変化もまた面白いものです。人生の中でつまずくことや、うまくいかないこともあるでしょう。そんな時に助け合える友達がいることは、とても心強い存在。時期によっては疎遠になってしまうこともあるかもしれませんが、以前一緒に過ごした時間は決して消えることはありません。時期が来てお互いに歩み寄ることで、また関係性が始まることもあるかもしれませんね。

人と人との関係は、変わり続けていきます。そんな中でも、不思議と波長が合って続いていく関係もあります。大切なのは、無理にその関係に固執したり、相手に求めすぎたりしないことです。変化し続けていくものを受け入れながら、お互いの意思で寄り添い続けていくことで関係は続いていくでしょう。

ライター:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND