Lifestyle

私ってどう見られてる?気になって夜も眠れない時の対処法三つ

仕事や恋愛など人とかかわる中で、相手の反応やちょっとしたひと言で、その人にどう思われているか考えすぎてしまうことはありませんか?頭から離れなくて、夜まで考え込んでしまって気疲れする。そんな時は、心をリラックスさせる方法で落ち着きを取り戻しましょう。

気になってしまうのはなぜ?

相手から言われた言葉や態度が気になって、ずっと考え込んでしまうのはなぜでしょうか?どうして相手の反応がそんなに気になってしまうのでしょうか?それは、相手から自分がどう評価されているかを知りたいと思うからではないでしょうか。

自分のことを気に入ってもらいたい、好きでいてほしい、評価してほしい。そんな気持ちがあると、そうではない反応の時、不安でたまらなくなってしまいます。自分の根底にその気持ちがあることに、まず気づきましょう。

相手の評価を気にしない

相手からの評価を気にしすぎてしまうと、行動が相手に気に入られようとする行動ばかりになってしまいます。自分の意見や考えではなく、相手が基準になってしまうと、気づいた時には自分がどうしたかったのか、わからなくなってしまうこともあるでしょう。

周りの目線だけを気にするのではなく、自分がどうしたいのかをしっかりと考えてみましょう。自分の意見を持ち、自分を認められるようになると、相手からの評価だけに自分を照らし合わせる必要がなくなり、相手からどう思われるかについても徐々に気にならなくなってくるはずです。

どうしても頭から離れない時は、気分転換

とはいえ、すぐに頭から離すことはなかなか難しいもの。そんな時は、気分転換も役立ちます!何かに没頭することで頭の中のもやもやを吹き飛ばしましょう。オススメの方法をご紹介します。

1.呼吸に意識を向けて瞑想
ゆったりとした気持ちで呼吸をただひたすら観察してみましょう。頭の中をいろいろな考えがよぎりますが、そこに立ち止まってしまうことなく、呼吸に意識を戻しましょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、続けていくとだんだんと頭の中が静かになっていくのを体感できます。

2.散歩に出かける
のんびりでもいいので歩いてみましょう。じっとしているともんもんと考えてしまうことも、体を動かすと不思議とスッキリしてきます。お気に入りの景色の散歩コースがあると気分も上がります!

3.日記を書く、人に話す
日記を書いたり、誰かに自分の気持ちを話したりすることは、自分を客観的に見ることでもあります。もやもやとした気持ちを言葉に表すことは、すっきりするだけでなく、自分を見つめなおすことにもつながります。

整理整頓された頭で問題に向き合ってみましょう。不思議と、考えすぎている時よりも前向きに捉えられ、解決策が頭に浮かんでくるかもしれません。考えすぎているな、と思ったらぜひいろいろな方法を試してみてくださいね。

ライター:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND