Lifestyle

日常に疲れたらどうしてる?何もしない時間を過ごす効果がすごい!

2019/12/12

頭の中のスペースにゆとりはありますか?

パートナーとの昨晩のケンカについてイライラしたり、反省したり、何でこうなってしまうんだろうと悩んでいる時、頭はそれだけでいっぱいになってしまいます。また、毎日の仕事ややるべきことに追われていても同様です。目の前のことが手につかずおろそかになってしまったり、電車を乗りすごしてしまったり…。そんな経験を多くの人がしたことがあるのではないのでしょうか?

頭の中が考えごとで埋め尽くされてしまうと、いっぱいいっぱいになってどっと疲れてしまいます。そうならないようにも、頭のスペースにゆとりを作ってみましょう。

ぎゅうぎゅうのスケジュールに要注意!

ゆとりをなくす原因の一つに「考えることがたくさんありすぎる」ことが挙げられます。スケジュールが詰め詰めだと、やることを増やしているわけですから、ゆとりをなくしてしまいます。また、心理的にもやるべきことがたくさんあることで追い詰められてしまうのです。

ゆとりを作るためには、まずスケジュールの空白を大切にしましょう。休みはしっかり取る、この時間までに仕事を終わりにする、など積極的に空白を作ってみてください。

「何もしない」時間を作ってみて

できたら定期的に「何もしない」時間を作り、のんびり過ごしてみるのもオススメです。情報化社会の中で、さまざまなコンテンツがあふれていますが、あえて生産性のない時間を過ごすことも私達のゆとりを生み出すのに役に立ちます。

のんびりと公園でひなたぼっこしたり、音楽を聴いたり、ぶらぶらと目的もなく散歩したり…。もしかすると、そのような休日を過ごすことで「今日も何もしなかった」とがっかりする人もいるかもしれません。でもそのような時間が私達には必要だったりするのです。

さあ、毎日の忙しさに疲れてしまった時には、ぜひ「何もしない」時間を過ごしてみてくださいね。ぎゅうぎゅうに詰まっていた頭の中にスペースが生まれ、パートナーに対して優しくできたり、新しく仕事のアイディアが浮かんできたりするかもしれません。ゆとりある状態で、心地よい毎日を過ごしましょう!

ライター:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。
既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND