Lifestyle

「一度言ったのに!」のイライラを解消する方法

2020/01/14

前にも言ったのに、何で覚えてないの?となった時には

「一度言ったのに!」と身近な人にイラッとしてしまうこと、ありますよね。人は何度聞いても覚えていなくて当然、そう考えておくほうがオススメ。特に男性は、「知ってる前提」で話されると「またか」と思うもの。

相手に自分の話を覚えておいてというのは、ある意味、相手に負担をかけていることにもなるのです。誰もが毎日たくさんの人とかかわり、さまざまな時間を過ごしています。だから一つのことをずっと覚えているのは、なかなか大変なこと。

もし、何度も同じ話をしてしまうことが不安なら「前に話したことのある○○の○○さん」というように、肩書きをつけるようにしましょう。そのほうが、話が圧倒的にスムーズ。話=思いが通じやすくなります。

相手のことを考えながら話すのは、コミュニケーションの基本ルール。それには「前に言ったのに…」はNGなのです。

「わかってくれるよね」という理想から離れてみる


「1」伝えれば、相手が「10」わかってくれるのが理想ですが、実際なかなかそうはいかないもの。相手が「言わなくてもわかってくれる」ことに期待するのをやめてコミュニケーションをしてみましょう。

まず、話の結論をきちんと早めに言うようにしましょう。そして、常に主語を明確にすることが大切です。話の目的や理由など、必要な情報はすべて話すということを意識づけるようにしましょう。

特に、男性に話のニュアンスまで理解を求めるのは無理な話。男性と女性は違う感性を持っているからです。話したいことはきちんとアウトプットするクセをつけましょう。

主語・述語・目的語が必ずセットで話に入ってくるようになっていますか?その自然な感じがゴールです。

ライター:幸雅子
出典:『女子の想いをわかってもらえる話し方、伝え方。』
監修:コンラッド・ユーキ・フッテル/コミュニケーション法トレーナー。早稲田大学在学中に、KJ法研究所本部から講師を招き研究会を主催。また、フェルデンクライスプラクティショナー。世界初のオープンシステムを採用したハーモニー体操プロジェクト発起人。
育代/スピリチュアルカウンセラー。10歳のころからリーディングを始める。その後、占い師、カウンセラーとしてTV、雑誌などに多数出演。アロマテラピーカウンセラーとしても活躍。

RECOMMEND