Lifestyle

洋服の色、偏ってない?深層心理が現れているかも!?

ウエアの色選び、気にしてる?

今、あなたの何色が気になりますか? 気になる色から今の心理状態がわかります。その色を上手に取り入れ、自分の心理を変えることもできるのです。
ただなんとなく日常着や仕事着、トレーニングウエアの色選びをしているのであれば、意識してなりたい方向へ連れていってくれる色を選びましょう。体調や天気などと色の関係を取り入れ、よりほしい気持ちを膨らませる色だったり、いらない気持ちを打ち消す色を選んでみましょう。

トレーニングする時は、より前向きに取り組めるように、今の自分に必要な色を着てみましょう。

色と効果の一覧

色の持つ効果を知るのは色彩心理学です。色はその明るさなどで周波数が異なります。視覚を通して、脳内の心をつかさどる部分の神経細胞を刺激します。その結果、放出されるホルモンの作用で、心に変化が生まれるのです。自己実現のための色を選んでみよう。


新しいアイデアを考えたり、交際広げたりするのにいい色。面倒なことを回避したいという逃避的な面もあるかも。


何ごとも平和的に解決できる色。心の充足感がほしい。また、体が疲れている時に緑が気になることがある。

オレンジ
社交的で、強い人間関係を結びたい気持ちの時に強い色。


芸術や神秘的なことにひかれる、感受性が豊かな時、豊にしたい時に気になる色。

ピンク
穏やかな気持ちで、体が自然に活性化している、心が“幸せ”な状態を示す色。自分も優しくしてもらったり、甘えたりしたい欲求が強い時に選びがち。

茶色
長期的な計画を立てるのにいい色。ものごとを堅実にとらえられるが、堅実的すぎて地味になったり、孤独になってしまうことも…。

グレー
少し神経質になっていて、消極的になっている時に惹かれる色。明るい色を足してみて。


全般的にやる気が出る色。前向きにどんどん頑張れるので、何か困難なことをやらなければならない時や、新しいことに挑戦する時に有効。


自分の感情を上手にコントロールできる色。心身とも安らいでいる。本音を正直に言えない、納得いかないことは許せないなども。


威厳を保ちたい、周りから強く見られたい。内に秘めた弱さは人に見せたくないという気持ちの現れでもある色。

白色
潔癖症や強い誠実さを求め、素直で明るい心の状態。困難なことに立ち向かうとせず、自分の思ったことを言わない時も。

ライター:安藤けいこ
出典:yogini vol.39

RECOMMEND