Lifestyle

家にあふれる服や物…本当に必要?心がスッキリする整理整頓の極意

2020/03/24

新生活シーズンで、身の回りのものを整理整頓している人は多いのではないでしょうか?よく見ると、部屋の中に、いらないものがいつの間にかたまっていることに驚くこともあるかもしれません。ついつい後回しにしがちな整理整頓、しっかりと目の前のものに向き合ってみませんか?

片づけは自分に必要なものを明確にしてくれる

部屋を片づけていると、いろいろなものが出てきます。中にはもう使わないものや、いらないものもたくさんあるでしょう。忙しいとついついそのままにしてしまいがちですが、そうすると、どんどんとモノがあふれて、本当に必要なものがどこにあるかがわからなくなってしまいます。片づけのタイミングで、いるものといらないものを決めることは、自分にとって何が必要かを明確にしてくれる作業でもあるのです。

整理整頓は部屋の掃除だけじゃない

片づけをした後は何だかすっきりした気持ちになりますよね。部屋がきれいになるだけでなく、いらないものを手放した爽快感を感じるからかもしれません。実は、整理整頓をするべきところは部屋だけではありません。心の整理整頓も、たまには必要なのです。必要のないものをため込んで、何を大切にするべきかがわからなくなっている時には、いらないものを手放し、スッキリとさせる必要があります。

まずは自分が持っているものを知ろう

整理整頓するためには、そこにあるものにしっかりと向き合い、いる・いらないを判断する必要があります。まず自分が今抱えているものを、一つひとつ紐解いてみましょう。誰かに押しつけられた価値観や、周りから期待されていること、こうするべきだと思っている何かなど、もやもやを抱えているものの先には、さまざまなものが隠れています。それを明らかにして、自分にとって本当に必要なものかを吟味してみましょう。

無理やり捨てるのではなくて、手放す

部屋の片づけをしている時に、捨てるべきものだけどまだ持っていたいものってありますよね。それは、無理やり捨てずにまだ持っていてもいいのです。なぜなら捨てなければよかったと後々引きずってしまうから。

実は、心の整理整頓も同様です。捨てたほうがいいけれど、まだ捨てられない…そのようなものは無理やり捨てなくてもかまいません。少しずつ、整理整頓を重ねていくと、いるものといらないものの判断に慣れてきます。そうすると、以前はしがみついていたものが、スッと本当にいらないと思えるようになる日が来るものです。そんな時には、いらないものを自然と手放すことができます。

いきなりすべて捨てるのではなく、少しずつ身の回りのものを吟味してみましょう。その繰り返しで、自分にとって本当に必要なものが何かを、より理解することができますよ。

さあ、部屋の荷物や自分の心と向き合ってみましょう。一つひとつ吟味して、自分に本当に必要なものを大切にしてあげてくださいね。

ライター:櫻井麻美(さくらいあさみ)
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。
既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND