YOLO

Lifestyle

このままでいいのか不安…。 頑張って、もがいている時に読む「論語」

2017/11/27

頑張ってもがいてる女子を支えてくれる言葉

「論語」って知ってますか?おじさん達の雑誌によく特集されている「人生訓」?確かに働く男性に刺さる言葉がたくさんあるのですが、私達働く女子にも、ぐっとくる言葉がたくさんあるんです。

「論語」を語ったのは、二千年以上前の中国の思想家・孔子。3歳で父を亡くした孔子は、役人になったものの、50代の時政争に敗れます。弟子を従えて諸国を周り、自分の理想の政治を行ってくれる君主を探し続けますが、採用されることはありませんでした。苦労人の孔子が口にした言葉は真実を突いていて、現代の私達の心にも刺さります。

ここでは、13の言葉を紹介しましょう。きっと、今のあなたの心の支えになるはずです。

01.
口先がうまく愛想のいい顔をする人には、真心が少ない。

02.
人が自分のことを知らないことを悩むのではなく、自分が人のことを知らないことを悩むことだ。

03. 
学ぶだけでよく考えることをしないと、学んだことの道理がよくわからない。一人で考えるだけで学ぶことをしないと、独断に陥り危険である。

04.
自分の知っていることは知っているとし、知らないことは知らないとする。これが知るということだ。

05.
徳のある人は孤立しない、必ず仲間ができる。

06.
悪いことがなければ、成長しない。

07.
虎に素手で立ち向かい、黄河を歩いて渡るような無謀な行動をし、死んでも後悔しないような人とは、私は行動を共にしない。行動を共にするのは、ものごとに対して慎重に対処し、計画を練って成功するような人である。

08.
3人一緒に行くと、必ずその中に自分の師とするべき人がいる。いいところがある人を見習い、よくないところがある人を反面教師とする。

09.
まだ生について知らないのに、どうして死についてわかるだろうか。いや、わからない。

10.
自分がしてほしくないことは、人にするな。

11.
意志が強く、決断力があり、素朴で無口であることは、仁に近い。

12.
自分を修養して人の心を安らかにしてやることだ。

13.
遠い将来への熟慮がないと、必ず近いうちに心配事が起こってくるものだ。

いかがでしたか?
考えさせられる言葉がいっぱいありますよね。まずは自分の心と向き合うこと。それが、今を変える突破口になるのかもしれません。

 

ライター:沢田聡子&YOLO編集部

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE