Lifestyle

本当は嫌なのに断れない… いい顔している自分が嫌いなあなたへ

断る勇気を持つには「正しい判断力」が必要

例えば、仕事で、お願いされたことを断れない人って少なくないですよね。受け入れられるって、本当は素晴らしいことだと思うんです。断ることで、自分が心苦しくなるなら受け入れればいい。その代わり、きちんと最後までやり遂げるのが条件です。でも、それでは心も体も窮屈になるなら、断る「勇気を持つ」ことが必要。とはいえ、その勇気を発揮できないから、断れないんですよね。

では、断るための勇気を持つなら、どうしたらいいでしょうか。

一つは、「正しい判断力」を持つことです。自分は、それを受け入れて大丈夫なのかどうか、について判断する基準を持つことです。

依頼を受け入れて、自分がそれをこなせるのであれば、それは優しさになるかもしれません。でも、できなかったら、受け入れたことで相手にかえって迷惑をかけてしまうかもしれません。そうなると、もう優しさじゃなくなるかもしれない…。よく考えずに、中途半端に受け入れてしまうのが、一番してはいけないことじゃないですかね。見切り発車では、答えられない場合もあるから。時間がたってから「できませんでした」っていうのでは、いい関係を作れません。時間も無駄にして、結果も出せなくて、期待をしていた相手に嫌な思いをさせてしまう。依頼を受け入れた自分も、すごく窮屈だし、嫌な思いを残してしまいます。

だから、正しい判断ができることが大事なんです。

心に“余白”を作るようにしたい

今、あなたが受け入れすぎているのは、心に“余白”がなくなっているということなんですよ。だから、自分の中にいつも余白を持てるようにすることが、課題です。

余白がなくなってしまうと、判断もできないし、受け入れても結果を残せないし、それがストレスに変わっていく。いつもいいよ、いいよって聞いちゃっていても、結果的に投げやりになって、また嫌な思いだけを増やしてしまう可能性もあります。

あなたの中に余白があれば、受け入れてもいい。余白があれば受け入れて、答えることができるから。

例えば、上司が自分は遊んでいるのに、あなたに何かを頼んできた場合。イラッとするかもしれないけれど、あなたに余白があるなら、その仕事をすることが自分にとって絶対にプラスになるからやるべきでしょう。上司が遊んでいようが何であろうが、そのきっかけをもらうことで、仕事のスキルアップにつながるから。経験を積むことができるからです。時間の余白、精神的な余白、そして自分にプラスになるかどうか。それらを判断して、イエス・ノーと答えられる力を持つこと。それができることが正しい判断ができる、ということなんです。

呼吸の状態を観察して判断基準にする

心に余白を持って正しく判断する。カギは呼吸です。

まずは呼吸を観察しましょう。自分が安定して、落ち着いているような時は、呼吸も穏やかでより深く吸って吐いています。でも、あまり気持ちがよくない時や不安な時は、呼吸が荒くなりがちです。体は正直ですから、心では見ないようにしていることも、体には表れます。実際に、そんな風になっているかどうか、一度観察して下さい。

その自分の状態を観察できたら、依頼が来た時、自分の呼吸がどうなっているかで判断します。落ち着いていたり、普段と変わらないなら、あなたの心は拒否していないということ。心に余白がある状態でしょう。でも、少し荒くなっていたら、受け入れたくないサインなんです。心に余白がなくなっているので、依頼を受け入れないほうがいいでしょう。この呼吸の状態を放っておいたり見ないふりを続けていると、病気を引き起こす可能性もあります。その呼吸に正直になってください。あなたを守れるのは、あなたが自分に正直になることです。正直さは勇気をもたらすはずです。

また、呼吸を判断基準に使うなら、本当は、その前にストレスを解消する方法も持っておきたいですね。ストレスは呼吸を乱しがちだから。ストレスはあってもいいものなのですが、その状態を知り、自分でオフにできるかどうかが大事。自分でオフにできる人は、ストレスがあっても心に余白を持っていると言い換えてもいいでしょう。ストレスを解消するには、ヨガがとてもオススメなのですが、その話はまたいつか。

 

井上英樹
アシュタンガヨガ正式資格指導者。国内外でアシュタンガヨガの練習を積む。2014年南インドのマイソールKRJAYにてアシュタンガヨガの正式指導資格を取得。レギュラークラスの他、全国各地でのワークショップも多数。ドイツ・ミュンヘンやカザフスタンなど海外での指導も行う。オーガニックコットン+藍染のヨガウエアをプロデュースhttp://www.afromasters.com

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE