Lifestyle

いつ渡せばいいの? 心に残るプレゼントの渡し方

最高のタイミングを探そう!

旅行先でのお土産や、お祝いのプレゼント、そして1カ月後のバレンタイン! 大事なものを渡す時のベストタイミングがあるって知っていますか?せっかく相手のために用意したものだし、喜んでほしいですよね。だからこそ、最高のタイミングをはかるところまで、心を込めて。

相手の喜びを最大限に引き出しつつ、自分にもよい印象を残してもらえる、とっておきのプレゼントの渡し方、教えます!

肝心なのはいつ渡すか!

プレゼントを用意していると、自分がそわそわしてしまい早く渡したくなってしまいますよね。サプライズが苦手という方は「我慢できないから!」という理由の方も多いようです。
でも、プレゼントはお渡しするタイミングがとーーっても大切。

相手の印象に残したいのであれば、プレゼントはとっておきのタイミング、「一番最後」に渡しましょう!

最後が良い理由

誕生日会であれば、会の最後に。飲み会や食事であれば、別れ際に。実はお宅を訪問したときのお土産も、帰り際にお渡しするのが効果的なんです。理由は、ピークエンドの法則という心理学から紐解きます。

「ピークエンドの法則」とは、心理学者・行動経済学者のダニエル・カーネマンの発表した法則。「自分自身の過去の経験は、ほとんど完全に、そのピーク(絶頂)時にどうだったか(うれしかったか悲しかったか)、ならびにそれがどう終わったかだけで判定する」(wikipediaより引用)と言われています。

例えば、デートの思い出として思い出されるのは、
1: デート中で、彼自身のテンションが上がった時
2: 別れ際
の二つの場面でどう思ったか、ということだけなんです。

1のデート中に彼がどこでテンションが上がるかは、正直事前に予測しきれませんよね。
彼に趣味の話をしたときかもしれないし、仕事のトラブルの話かもしれない。

でも、2は確実に演出できるもの。だからこそ、とっておきの最後を用意したいものです!

プレゼントを渡すタイミングは「最後」がポイント。その時に、相手への心のこもった言葉や、次の約束などを添えると、相手も快く答えてくれそう。心を込めたプレゼントの最高の演出、あなたも試してみて!

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE