Lifestyle

あなたの実力出せてる? あなたが本当に輝く場所の見つけ方

人間は変化に弱い

ダイエットのリバウンドのように、人間って本来は変化が苦手な生き物なんです。心の中では、「変わりたい!」「何かを変えたい」と思っていても、実際は変化することへの恐怖が大きくて、動けないでいるというのも、あなただけではないはず。

特に「仕事をする場」に対しては、変なプライドや周りからの意見に流されてしまいがち。ちょっとあなたの心の声をよく聞いて、「変化することへの恐怖」と、「変化しないままの人生を送る恐怖」、どちらを選んでいくかを考えてみては?

「今のところでダメだったら、他でもダメだぞ」のワナ

昭和のお父さんが言いそうなセリフですが、あなたもそう考えたことありませんか?「転職したいけど、今の職場で何もできてないまま辞めていいのかな…」という変なプライドや、「ここで現状を変えられていないまま逃げても、他で通用するはずがない」といった変な謙遜。その考え方、大きな間違いかもしれません。

例えて言うなら、「元カレとダメだったから、今の彼ともうまくいくはずがない」と言っているようなもの。実際は、自分も相手によって変化や成長をするし、相手自体が違うのに、同じように考えるのはおかしいと思いませんか?

仕事は一人ではできない

仕事って一人ではできませんよね。仕事のすべては、人からの依頼や指示を受けて。そして自分の仕事も、次の誰かにわたるもの。人と人のつながりでできています。そのつながりの輪を新しくすることだけでも、自分自身も変わってくると思いませんか?

掛け算の相手を変えてみて

仕事は、足し算ではなく掛け算。職場の環境と自分の掛け算。一緒に仕事をする人との掛け算。任される仕事と、クライアントと、自分の掛け算。もし自分が変わらないとしても、掛け算する相手を変えることで、答えは大きく変わってくる可能性があります。

「ここでダメなら、他でもダメ」ということはなく、掛け算の相手が変わることで、自分自身が相手に与える影響も変わり、大きな結果が生まれることもあるでしょう。

自分の得意や好きなことに気づいていない場合、環境を変えることで気づくこともあります。新しい仕事を任されて「これをできる人がほしかったんだよ~」と言ってもらえたら、今までなんとなくこなしていた業務が、あなたの強みになることも。

今のあなたが本当に輝いていないと感じるのなら、「自分を生かせる場を選べていない」だけかもしれませんよ。

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE