Lifestyle

自分には魅力がない!? あなたの魅力を再発見する方法

あなたの中にある魅力☆

モデルの〇〇さんのようになりたい!職場の〇〇さんみたいに素敵な女性になりたい!と憧れる存在っていますよね。その憧れの人達の魅力って何ですか?自分にはないものですか?周りの人がうらやむような魅力、実はあなたの中にもあります♪でも、自分ではなかなか見つけられないもの。あなたの魅力ってどうしたら見つかると思いますか?

「魅力」とは、「人を惹きつけて夢中にさせる力」という意味。惹きつけるだけでなく、夢中にさせるなんて…(ハードル高い!)と思いますよね。では、あなたが「この人魅力的!」と思う人の魅力って、どんなものでしょうか?

通る声
字がきれい
髪の毛がサラサラ
センスがいい
雰囲気全体が美人
・・・

など、何かがずば抜けて優れているとか、すごいことを成し遂げた、ということでもないような気がしませんか?それは本当にささいなこと。それでも自分が持っていないものほど、輝いて見えたりするものです。

自分の魅力も、そんなものだったりする

あなたの持っている魅力も、些細なことだったり、誰かが持っていないけど、あなたの中にはあるものだったりします。きっとあなたが気づいていないだけ。そして、魅力は自分が輝かせたいと思うことで磨きがかかり、それをもっと魅力的にできるものなのです。

例えばサラサラの髪の毛が魅力的であれば、トリートメントを欠かさずにして、さらに魅力に磨きをかけたり。肌のきめ細やかさであれば、パックやフェイシャルマッサージでお手入れを念入りに…という具合に、魅力はさらに磨くことができるのです!

魅力を際立たせて、もっと輝く

逆に、自分はここが魅力だと思う!と思っているポイントがあれば、それを際立たせて魅力的に見せていくプレゼン力も大切。ウェストのくびれや女性らしいボディラインが魅力的な女性も、ダボッとしたダンサーファッションでは魅力は伝わりません。ボディコンシャスなワンピースでなくとも、上着をスカートやパンツにインして、ベルトを活用するだけでも〇。しなやかなふくらはぎのラインが魅力であれば、思い切って1cm高いヒールを履き、パンツルックではなくスカートにチャレンジしてみませんか?

魅力は、見つけて、磨いて、輝かせるもの。自分の見せ方次第でもっと魅力を増すこともできるし、魅力的に見せることもできます。その一歩は、自分の魅力に自信を持つこと。ここを魅力にしよう!と決めること。彼の好みに合わせて自分を見失ったりせずに、自分でいいところを見つけ、TPOに合わせて、自らの魅力の引き出し方を変えていくのも、オトナの魅力の一つになるかもしれません!

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE