Lifestyle

その答えは自分の中にある!? 「自分」の正しいググり方

自分にちゃんと聞いていますか?

いつでも答えは自分の中にある…。そんなことはわかっているけど、自分の中の答えってなかなか見えません。何で見えないか?それは、答えの検索の仕方を間違えているから、なんです。

ネット検索でも、探したい情報を見つけるために、いろいろなワードを入れて検索してみますよね。それと同じです。さまざまな角度から、自分に質問してみなければ、本当の自分の中にある答えって、なかなか上位に上がってこないんです。

いろいろなワードで質問形式で検索

自分って何がしたいんだろう?どうしたらいいのかわからない…。その答えを見つけるには、とにかく「あれはどうだろう?」「これは好き?」といろいろなワードを自分に問いかけてみて。

わからない。知らない。好きじゃない。というように、文章を終わらせるような言葉だと、それ以上、検索が進みません。語尾を質問系にして、自分に話しかけるように問いかけてみましょう。

・わからない⇒わからないのは何でだろう?
・知らない⇒知らないけど知りたいんだよね~?
・好きじゃない⇒何で好きじゃないのかな~?

という具合に、自分の中のもう一人の自分とお話するように。そのもう一人の自分を5歳くらいの子どもに設定すると、さらに質問の仕方が柔らかくなたり、答えやすい形で聞けたりするかも!

答えは自分の中にある

何か好きか?何をしたいか?将来どうなりたいか?

悩みはつきませんが、やっぱり答えは自分の中にあります。自分の中にある答えを、上手にググりましょう。自分への質問が上手になると、自分との対話ももっと楽しくなりますよ!

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE