Lifestyle

心の中にたまったモヤモヤって腐る!?そんな感情は早く解放する

あなたの心は、流れてますか?

嫌なことがあって、心にモヤモヤがたまってる。上司に怒られたことが、ずーっと引っかかってる。忘れられない彼がいる…。

なかなか流れない心にモヤモヤは、濁った池の水と同じ。気づかぬうちに濁りを増し、異臭を放ち、もとの清らかな水の姿を忘れてしまいます。そんな感情の池、あなたの心の中に抱えていませんか?

心もデトックス!川の流れのように

感情は、心にためておくほどに、カタチを変え、よくも悪くもこびりついてしまうから、とにかくためずに流すことが、とーっても大切。

それに人間って、思い出をどんどん自分の都合のいいように美化・変化させてしまい、事実と違う記憶に塗り替えてしまうクセもあるんです。心当たり、ありますよね?

勝手に起こる脳内リピート

さらに、思い出に浸っている時、頭の中で起こっているのは、気分がよくなったころの記憶を使って、自分のいいように解釈して、頭の中で気持ちよさをリピートしてしまっている、という状況。

これは、怒られたなどのネガティブな感情も同じ。心は、よくも悪くも、刺激が強い感情が大好きなので、怒られたイライラも、振られた悲しみも、刺激が強い程ほど思い出しては、もっとその感情の強さを味わうというリピートを起こしています。

感情を流すには、感情を出す!

滞っている感情を流すには、話す、書く、叫ぶ!など、とにかく感情を出すことが大切。そうすれば、ドロドロと濁った水をかきまぜるように、少しずつ動きが出て、流れやすくなりす。

誰かに話すのが恥ずかしかったら、歩きながらの独り言でもOK。体を動かしながらだと、さらに感情も解放しやすくなりますよ!

もし、心の中の池が濁っているなら、そろそろお掃除しませんか?

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE