Lifestyle

仕事中にアレが出ちゃってる?!それは、ちょっと危険なサイン

仕事中につい出てしまうもの

仕事中にアレが頻繁に出てくるようになったら、ちょっと危険。自分の中で何かがマックスになっているかもしれません。自分の行動をちょっと確認してみて。かわいい、けど笑い事じゃないかも!?

え、アレって?答えは「ひとりごと」。

ひとりごとは、自分の頭の中を整理するためのシグナル。ちょっとした詰まりを取るために、多くなった何かを吐き出す行為と、言われているんです。

ちょっと考えてみて下さい。ひとりごとを言うのってどんな時ですか?

仕事のシーンでは、忙しくなるほど、ひとりごとを言う人が増えていきますよね?その中に自分も入っていたりするかも?

一人ぐらしの人は、寂しい時は、息が詰まりそうな時に、言葉をつい吐き出してしまうのではないでしょうか?誰かと暮らしていたら、その人と会話ができるから、あまりひとりごとにはならないんです。

つまり、ひとりごとが増えてきた時は、自分の中で処理しきれなくなった何かがあるということ。そろそろ状況を改善しないと自爆しかねない、かなり要注意な状態なのです。

適切に休息を取ったり、笑ったり

仕事でひとりごとが増えてきたら、まずは少しでも休む時間を意識的に持ちましょう。有給を取れたら最高ですが、そうでない人は、机に向かっている時間をパツパツと切ることを考えて。

集中するのはとても素晴らしい能力だけど、体も心も本当のリミットは1時間。だから、せめて1時間ごとにトイレ休憩や、ストレッチ休憩を取りたいものです。それによって、心身にたまりそうなストレスを追い出し、頭の中に新しい酸素を送ることができます。実際に、そのほうが仕事の効率もいいはずです。

一人暮らしに人は、人と会う時間を増やすのもありかも。たくさん話して、たくさん笑って、おいしいものを食べて、十分に疲れて帰ってくる。そんな風に過ごす日を、今より増やすようにするんです。

特に笑うことは大事。笑うというのは、脳が深呼吸しているようなもの。風通しをよくして、振動を与えてあげれば、幸せホルモンも出やすくなりますよ。

ひとりごとはガス抜きにはちょうどいいもの。でも、あまりに頻繁になったら要注意。自分で出しているサインに、きちんと反応しましょうね。

 

ライター:大嶋朋子/『Yogini』『YOLO』の他、多くのトレーニング本や、女性の心と体を豊かにする書籍の編集に携わる。日々、女性の心と体について知識を深めている

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE