Lifestyle

会社へ行くのが億劫に感じ始めたら、まずやりたい三つのこと

悪循環をストップ!まずはお休みしてみる

毎日残業続き。彼とのデートも、なかなか予定が合わないし、友達との女子会もドタキャンばかり。はぁ…もう仕事辞めたい!なんてため息をついているあなた。そんな時は、いろいろと頭で考えても、よいアイデアも浮かびません。

お仕事もトレーニングも頑張り、いろいろと器用にできて、頭の回転も速い。そんなあなたは、電車の中も、歩いている時も頭の中がフル回転。でも、疲れがたまったままそのフル回転を続けると、ネガティブなことをぐるぐると考えてしまうという悪循環が起こっていることも。これ、陥りがちな状況では?

もし、そんな状態になって、会社行くのがしんどいと思い始めたら、まずは「頭のお休みさせてあげよう!」と思ってみて。こんな三つの方法がオススメ!

頭を休ませる3つの方法

01.
意識的にぼーーーっとする
家の近くの公園や、落ち着くカフェに行って、ただぼーーーとしてみましょう。これ、意外に難しくて、何かをしたくなるけど、ちょっとだけ我慢!

02.
家や職場から最低1時間離れる
さらに心地よく頭を休めるのであれば、家や職場から最低1時間離れることがオススメ。電車で遠出してもいいし、車でドライブも気分転換になります。お天気が良ければ、自転車でちょっと遠出も気持ちよさそう。日常から距離を置くことで、頭の中もいつもと違うモードになりやすくなります。とりあえず遠いところに行く~という目的のない旅も、オススメです。

03.
仕上げはマッサージで極上のリラックス
最後の仕上げは、ヘッドマッサージやオイルマッサージを受けること。オイルマッサージなど、人の手で直に肌に触れてもらうことで、さらに安心感と癒しを得られます。人間は昔から、「手当て」というように、傷んだところに手を当てて癒してきました。だから、全身に手を当ててもらうマッサージは、まさに究極の癒しになることでしょう。

 

頑張り屋さんのあなたは、「頑張りが足りないのに、自分にごほうびなんて上げられない!」とストイックに考えてしまうかもしれません。でも、体は正直に疲れのサインを送っているはず。その声を無視しないで、ちゃんと自分をいたわってあげて。

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE