Lifestyle

選択するとは覚悟すること。 人生を設計する時代を生き抜く方法

2018年も半分終わり

現代に生きる私達は、さまざまな自由を与えられて生きています。進学する学校、就職先、転職、結婚、結婚後の働き方などなど。選択肢があることは、とても幸せなことですが、その分自分で選択し、覚悟を決め、決断し、進んでいくという力が、求められているんですね。自分の人生は、自分で責任を持つんだ!と今一度、腹をくくって2018年の残り半分を、充実させていきませんか?

もし、週休3日になったら、何をする?

2017年、週休3日を大手企業が導入し、話題になりました。もし自分が、週3日お休みになったら…と考えた時、「やることがないな」「やりたいこともないし、仕事したいな」と思ったあなたは、一度人生について、じっくり考えてみたほうがいいかも。

やりたいことを選択する自由

人生100年時代!や、副業OKと、働き方の改革が少しずつ広まってきていますね。自分には関係のないこと、と思っているかもしれませんが、ちょっと周りを振り返ってみると、数年前より産休育休を取る仲間も増えていたり、自分の残業時間も厳しくチェックされるようになってきていませんか?

そんな中、今までは、「仕事が忙しくて…」と、自分の人生を流されるままに生きていたところに、「好きな働き方を選択できる」時代になってきました。

やりたいことは何か?を本気で考えなければいけない時代になってきているのです。

恋愛の自由はますます広がる

この選択の自由というのは、身近にも変化をしてきたものがあります。例えば結婚。私たちの祖父祖母の時代くらいまでは、お見合い結婚が普通でしたが、両親の時代では、恋愛結婚が当たり前に。現代では、出会いはリアルからバーチャルまで幅広くなってきていますよね。

ここ50〜60年で選択の幅が大きく変化しているわけです。

あなたはどう、決断する?

恋愛も仕事も、ますます選択が増える時代。選択の自由とは、一見いいものに思えますが、その分本気で考えなければならないし、自分で責任を負わなければならない、ということ。

あなたの今いる状況は、よくも悪くも、あなたが今まで選択してきた結果です。誰のせいでもないのです。

もし、現状に満足していないなら、ここから変化するかしないかの選択は、常にあなたの自由に委ねられています。

日々の不安や不満を、環境や他人のせいにすることは一切やめて、自分がどう生きたいのか、を本気で考える時間を持ってみてはいかがでしょうか?

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE