Lifestyle

お客さんとの「恋はアリ⁉」カリスマ美容師さんを突撃

華麗な手さばきで髪を操り、あっという間に可愛くしてくれる、魔法のような職業、美容師さん。一見華やかな職業ですが、実際は意外に知らないことばかり。

今回は、なかなか聞くことのできない、なんで美容師になったの?修行は大変?ぶっちゃけ、お客さんとの恋愛はあり?などを、Laughful Hair Salonのスタイリスト、安田悠人さんに聞きました。

Q. 美容師になったきっかけは?
実は、なんとなくなんです。県内有数の進学校に通っていた高校時代、進学を考えた時に、どうも大学に行くイメージが湧かなかったんです。クラスで、もう一人同じような子がいて、お互い髪やファッションが好きで、当時のヘアカタログを開いては「あーでもない、こーでもない」って言ってました。それで、よし、美容師になろう!って(笑)。もともと何かに集中したいタイプだったので、もしかしたら向いてるかなって思っていました。それこそ、カッコいいなーとか、モテるかなーなんて気持ちもありましたが(笑)。

Q. 修行は大変なんですか?
今はさまざまな考え方のヘアサロンがあり、とにかく実践を踏まえた練習を進めて、すぐにスタイリストデビューさせるお店もあります。でも、当時僕が修行したお店は、「THE体育会系」。練習も厳しかったし、終電で帰るなんて当たり前。でも、テレビの撮影の現場など、普段できない経験もたくさんできたし、何より、「うまくなりたい」という気持ちが強く、不思議と楽しく乗り越えられました。あの時代がなければ、今の僕はいませんし、おかげでいまだに向上心を持って仕事ができているので、当時の先輩方には感謝しかありません。一生修行です!

Q. お客さんとの恋愛はあったりしますか?
ありませんでした、僕は(笑)。お客様との距離が近い仕事だからこそ、わきまえが大切かなと思っています。でも意気投合して、ご飯に行くことになって、おつき合いが始まるってパターンも聞いたことはあります。それはそれで、素敵だなと思います。実際に、美容師さんとお客様の結婚式に出席したこともあるので、アリなんだと思います。あ、ただ、すべてのお客様を自分の彼女だと思えるくらい大切にはしていますよ!(笑)

いかがでしたか?お客さんとの色恋があるんじゃないの?とか、軽く見られがちな職業ですが、見えないところでの努力や、過酷な修行を得ての今があるんですね。答えにくい質問にも、さらっと答えてくれた安田さん、ありがとうございました。

 

Shop data
Laughful Hair Salon

「末長く楽しめる髪をあなたに」をコンセプトにマンツーマンの施術を。大切にしているのはクオリティ・デザイン性。それに、丁寧さ・居心地のよさ。お客様一人ひとりの髪とお肌、そして環境にも優しいダメージレスな施術を追求しています。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-5
トーカン原宿キャステールD号室
Tel:03-6447-4932
詳しくはこちらhttps://laughful-hair.com

 

 

ライター:木村泰河(YOLO編集部)
監修:安田悠人/青山の有名ヘアサロンにて経験を積み、店長としてたくさんのお客様を担当。薬剤の知識に基づく丁寧なカウンセリングと繊細な技術でサロンワーク中心に活躍

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE