YOLO

Lifestyle

【心のプロが答える】いつも同じ失敗をしてしまうのをやめたい…

いつも同じ失敗をしてしまう人多いですよね。そういう人は、失敗してから初めて「あー、やってしまった」と思うもの。どうにかしたいこの繰り返し。カウンセラーさん、教えて下さい!

【今日のご相談】

いつも同じような失敗をしてしまいます。こういうことはやめたいと思うのですが、どうしたらいいでしょうか。

【今日の答え】

失敗はしたほうがいい?

私もそうですが、自分で事業を営んでいる人達は、失敗に対して、ある種のポジティブさを持っているように感じます。「これはやらなきゃよかった!と思うようなことは別にない。どれも経験として、今の自分を支えてくれている」、「自分で何かをやろうと思っている人には、さっさと始めて、さっさといろいろな失敗をしたほうがいいとアドバイスしたい」そんな風に話す人とよく会います。私自身も「失敗を失敗と捉えるからネガティブな気持ちになりますが、”何をどうするとうまくいかないか“の引き出しが一つ増えた、と思えばいいのでは?」と言うことがあります。

失敗を繰り返すクセは防げる

何らかの事柄を「失敗」と認識するのは、自分にとって好ましいことが起きなかったからです。だとすれば、いわゆる失敗した経験を通じて、何をするとよくないのかを経験して、それを、繰り返さなければいいということになります。質問者さんの場合は、それを繰り返してしまうことに悩んでいるようですが、これは少しの工夫で防げるように思います。

どんなに優秀な人でも同じところでつまずきがち

事務仕事で毎回同じところで間違えるというような場合、「いつも忘れる個所を先に記入してしまおう」、「この事務処理のためのチェックリストを作ってそれを見ながらやろう」といった予防の仕方があります。いろいろな人を見ていると、どんなに優秀な人でも一つくらい、毎回、ここで同じようにつまずいている・失敗しているというポイントがあります。人間みんなそういうものだと思います。恥ずかしいことではないので、それに合わせた予防をすればいいと思います。

自分に強制できるシーンをつくってしまう

やりたいと思ったのに目標達成ができない場合、人に宣言しちゃうというやり方があります。宣言して達成できないのは恥ずかしいので、ある種の強制力が働くことになります。宣言すると人の目が気になり出し、やるようになるので、これはこれでオススメですね。

お酒を飲んで失敗する、お金を使いすぎてしまうといった種類の場合は、そもそもそうならないように予防線を張るという考え方があります。例えば、最初からお酒の席に行かない、適度なところで強制的に解散にしてくれる友人と飲む、定期預金など、引き出すのにちょっと手間がかかる場所に、先にお金を入れてしまう、などです。

失敗は経験値なのでしてもいいと思いますが、しなくていい失敗というのは確かにあります。しかも、好ましくないと思っていることを繰り返してしまうというのも、ツライものです。

なぜこうなったのかというのを考えて、それが起きないように防げるといいかなと思います。

 

ライター:二宮誠 from  6483works

 

話を聞いた人:柳田正芳

1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談・悩み解決に携わる。その他、「両親学級」で講師をつとめたり、大人の性の相談を受けるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE