Lifestyle

さっきのひと言、どう思われたかな…相手への不安な気持ちの解消法とは?」

2019/05/09

何げない会話をしていても、相手と別れた後に、さっきの発言は大丈夫だったかな、相手を怒らせてないかな、と不安になってしまうことはありませんか?相手の反応ばかり気になって、別れた後はどっと疲れて、「あの発言はまずかったな」と一人反省会…そんな状態を解消するための方法をご紹介します。

相手の顔色を気にしすぎてしまう

相手に発した言葉に対して、どう受け止められたか、相手にどう思われているかを過剰に気にしてしまうと、とても疲れてしまいます。時間がたった後もずっとそれを引きずってしまうと、その時の目の前のことが手につかず、日常にも支障をきたしてしまうでしょう。

わざわざ相手を傷つけるような言葉を言うのはよくないことですが、通常の会話でそこまで相手の顔色を気にしてしまうのはなぜでしょうか?自分をよく見せたい、と思いすぎているからかもしれません。

本心を話そう

誰にでもよく見られたいと思いすぎると、その人に気に入られる行動や言動ばかりになります。それは自分の本心ではなく、相手によく見せるためのうわべだけのもの。うわべだけでごまかしても、いつかはボロが出てしまうものです。何より偽ってばかりでは自分が苦しいでしょう。

思い切って自分の本当に思っていることや、意見をその通りに伝えてみましょう。そうすることで、うまくいかないことももしかしたらあるかもしれません。でも、自分を偽り続けるのと、どちらがいいでしょうか?

すべての人に気に入られることは難しいことです。本当の自分を受け入れてくれる人と、良好な関係性を保てればいいのではないでしょうか?八方美人はやめてみましょう。

自分を好きになろう

嫌われるのではないか、と恐れるのは自分に自信がないからという理由も原因の一つです。自分自身が本当の自分を認められず、好きじゃないと、自己肯定感が低くなり何をするにも自信が持てません。まずは、自分が自分を認めてあげましょう!

自分の個性を否定するのではなく、そのまま肯定します。自分に自信を持つことができれば、誰に嫌われようと気にならなくなるでしょう。

くよくよと相手の反応をいつまでも気にするのではなく、自分に自信を持ちましょう。相手と対等な関係の中で築く信頼関係はお互いをより高めてくれるでしょう!

ライター:櫻井麻美
さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND