Lifestyle

人に会いたくないな〜と億劫な気持ちが湧いてきたらすべきこと

2019/05/19

人に会いたくないなあ…と億劫になった時は

春からスタートしたこと続いていますか?調子はいかがですか?

例えば、ヨガスタジオでクラスに参加すること。それ自体は楽しいことだとしても、何だか人に会いたくないなあ…と億劫になってしまうことがありませんか?

普段から落ち込みやすい人は、人に会うのが億劫になることも。そういう人にアーユルヴェーダの知恵が贈るキーワードは「消化力アップ」です。なぜなら、そういう気分は、エネルギーの巡りが悪い時に起こるから。そこで、エネルギーの動きを促してあげれば、気分も爽やかになって、億劫さも解消されます。スパイスで消化力を上げたり、汗をかいたりして、エネルギーの通り道を開け、アーマ(未消化物)の解消を試してみましょう。

スパイスやドライマッサージ

そんな時のスパイスは黒コショウ、クミン、ターメリック、カルダモンなどがオススメです。また、ガルシャナグローブでむくみを取るのもいいでしょう。ガルシャナとは絹の手袋のことで、これで全身をこするドライマッサージによってむくみを解消していきます。

体や心のだるさは、エネルギーが滞っている証拠。いつもより歩く時間を増やすなどもいいかもしれません。

大事なのは、心身に刺激を与えるということです。

ライター:幸雅子
出典:『ヨガのきほん』/「ヨガとアーユルヴェーダ」
『ヨガのポーズが丸ごとわかる本』/「毎日練習したい基本のポーズ28」
監修:ムラヤマ美智子/古典に基づくヨーガとアーユルヴェーダを学び実践しつつ、先端につながるその叡智をあらゆる年齢層に指導。5年目を迎えたがんサバイバークラスからアーティストのヨガ映像監修まで活動は多岐に渡る。

RECOMMEND