YOLO

Love

恋もつかめる!? 呼吸を読んで会話力をアップする方法

心と体の動きは、呼吸の速さと深さに密接しているって知っていますか?

例えば、初めて任されたプレゼンや、異動や転勤で新しい環境に入る時など緊張する場面では、呼吸が速くなりますよね? 逆に、気の合う友達との会話はリラックスし、深い呼吸ができています。

でも、あなたの周りにも2、3人、どんな場面にでも合わせられて、その場の雰囲気に流されない人っていませんか?

そんなコミュニケーションの達人って、自然と相手の呼吸を読んで自分を合わせているみたいなんです。もし、その技を習得できれば、意中の相手ともスムーズな会話で好感度アップできるに違いありません。

コツは相手の呼吸の状態を確認すること

とはいえ、いきなり相手の呼吸の長さをジッと観察していたら、「変な人?」って壁を作られていまいます。簡単にわかるのは、話し方、肩やお腹の動き、表情、身振り手振りなどを見ることです。自分から相手に合わせていくことで、会話をリードする役割にもなり、リズミカルな会話のキャッチボールができるというわけ。

呼吸でわかる、心と身体の状態

相手の動きを観察しているうちに、どんな状況なのかがわかってきます。次にするのは、その動きに合わせること。よくある、いくつかの場面と、その対処法をご紹介!

【緊張している場面】
緊張している時や、焦っている時に起こりがちなのは、相手と話し始めがかち合ってしまったり、相手の言葉の最後に自分の言葉を乗せてしまうこと。まずは、心を落ち着かせて、相手の呼吸を読んで、話し終わり=吐き終わりを観察!

【ため息】
呼吸とともに出てくるため息。ため息をつく本人からしたら、大きな意味のあるひと息。なのに、相手のことはおかまいなしで、ため息をつきながら、自分のことばかり話しているのはNG! 相手が遠ざかってしまいます!

【同じタイミングで呼吸】
いい関係を保てる相手とは、自然と同じ空間で同じタイミングで呼吸をしています。もし、同じ動きをしていたら、気が合っている証拠。合っていなくても、その人と仲良くなりたかったら、自分から相手の動きに合わせてみましょう。無意識に親近感がわいてきます。

最後に、相手に合わせてコミュニケーションを楽しむには、相手に自分の呼吸を乱されないよう、振り回されないようにしないといけない。それには、まず自分の呼吸を整えることが一番重要なことなのです。

 

ライター:北川彩
出展先『Yogini』vol.39「相手の呼吸を読むことで会話力が上がる!」
監修:シュミッツ千栄子/シュミッツ千栄子呼吸法デザインセンター代表。上智大学公開講座講師

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE