Love

怒りで身を焦がす前に! 嫉妬心をコントロールする3つの方法

アーユルヴェーダでは、嫉妬は「ピッタ(火)」のエネルギー

インドの伝統医療アーユルヴェーダでは、エネルギーのタイプをヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)の3つに分けています。誰もが3つ持っていて、どんなバランスになっているかがそれぞれの個性です。そして、TPOで優勢になるエネルギーも変わります。これに当てはめると、嫉妬という感情はピッタ(火)のエネルギーです。

友人関係では「あの人ばっかりチヤホヤされてズルい」というねたみ、スポーツでは「どうして私のほうが努力してるのにあの子に勝てないの?」とうらやむ心、恋愛では「彼はあの子のことが好きになったんじゃ…」というさい疑心などが、嫉妬のベースになっています。

でも嫉妬の火は、過剰になりすぎると相手も焦がすし、自分も焦がしてしまう可能性が。友達に根も葉もない悪いウワサを立てたり、ライバルが傷つくような嫌がらせをしたり、彼の携帯やパソコンを盗み見たりと、エスカレートすれば罪にだってなりかねない行動を取ってしまうこともあり得ます。

簡単にできる「色、香り、呼吸」でのコントロール法

そんな時はもう、感情が過剰な火であふれ、燃え盛っている状態。できるだけ早く沈静化するための3つの方法を紹介しましょう。

【色でコントロール】
嫉妬心にとりつかれている時は、色で言えば血のような炎のような、ドロドロの真っ赤。できるだけ身の回りにブルーやグリーンなどの寒色系を持ってくることをおすすめ。ネイルやアクセサリーの色を変えてみたり、ブルーやグリーンのトレーニングウエアを選んで着てみたり、寒色系のコートで身を包んでみたりするといいでしょう。

【香りでコントロール】
そして、クールダウンにピッタリの香りはミント。ミントには浄化作用もあるので、ミントティーを飲んだり、ミントのアロマを焚いてみたり、サラダにミントを加えてみたりすると体の内側からスーッと落ち着いてくるはずです。

【呼吸でコントロール】
左の鼻だけの呼吸も効果的です。左の鼻は月のエネルギー、陰陽で言えば陰のエネルギーを持っています。月のエネルギーは心を鎮めてくれるので、右の鼻を軽く押さえ、左の鼻だけで呼吸してみてください。もし、左鼻の通りが悪ければ、左鼻の横の肌を、指で軽く左側に引っ張ってみましょう。通りが良くなります。

嫉妬の炎がだんだん小さくなり、消えていくころには、自分が本来持っている冷静さも取り戻しているはずです。もしもまた嫉妬の火がチリチリと燃え始めたら、冷静さが失われないうちに早めにクールダウン。「嫉妬しても、何一ついいことなんてないよ」と自分に言い聞かせていきましょう。

 

ライター:平地紘子
出展:Yogini・Vol.54/「アーユルヴェーダは生き方の科学です」
監修:西川眞知子

(日本ナチュラルヒーリングセンター代表。アーユルヴェーダプロデューサー)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE