YOLO

Lifestyle

緊張しそうな心をコントロール! この方法なら簡単で強い味方に

心理的にアプローチして緊張を手放す方法

春は出会いの季節、新しい環境に飛び込む機会があったり、初めましての人に立て続けに会うことになったり。いつもとは違う状況に置かれると、あがってしまって、頭が真っ白になってしまう人もいるかもしれませんね。

そんな時、心の中をコントロールできる方法があれば安心です。心をコントロールするのはとても難しいことですが、少しの動きを加えるだけで、思いがけず簡単な方法になることも。

方法を知っていれば、大勢の人がいるシーンでもひそかに緊張を手放すことができます。

体の部位に意識を向けて自分に言い聞かせる

自律訓練法とは、自分の体の各部位に意識を置いて言い聞かせることで、その部位の細胞の活動を活性化させるというもの。楽な姿勢で座って行ってみましょう。

意識を向けていく順番は決まっているので、下記の手順をたどってみてください。大切なことは先を急がないこと。自己催眠に近い方法なので、集中していくうちに少しボーッとしてくるかもしれませんが、それでOK。アファメーションと呼ばれる、自分に向けて伝える言葉は3回くらい唱え、自分にインプットしましょう。

【言い聞かせの手順】
1:右手が重い
2:左手が重い
3:右足が重い
4:左足が重い
5:右手が温かい
6:左手が温かい
7:右足が温かい
8:左足が温かい
9:心臓が静かに脈打っている
10:呼吸が楽にできている
11:お腹が温かい
12:額が涼しい
13:アファメーション「私は緊張しない」

何度も繰り返していると、そのうち自分を切り替えるのがとても楽になってきます。お試しあれ。

 

ライター:幸雅子

出典:『Yogini』vol.47/「ヨガ塾 ヨガで緊張をコントロールする」

監修:中里貴子(リラックス&リニュートレーナー。陰ヨガセラピスト。ハタヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガ、自己の経験より乳がん患者のためにリカバーのヨガなど優しく寄り添うヨガを中心に指導。独自に指導者を養成するコースも開催中。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE