YOLO

Lifestyle

ずっと同じことでぐるぐると悩んでない? すっきりさせるのは、こんな考え方かも

一人でぐるぐると考える迷路

悩みって誰でも持ってますよね。そして、一番ツライのが、そのことばっかり考えて、一人はまってしまうこと。この場合、たいていどんどん悪いほうに考えが向いてしまい、落ち込んでしまう…。

悩みを解決するには、自分の考え方を変えるのが一番早いんです。同じものごとを、どういう視点で見るか、どこから光を当てるか、ってことだから。そして、その光の当て方のサポートをしてくれるので、オススメがヨガの考え方。

今回は、よくある悩みを、ヨガの視点から答えてもらいました。こんな考え方だったら、あなたの悩み、解決するかも!?

Q:トレーニングが長続きしません

A:それは結果だけを求めているのではないですか?ステップアップしていくには、まず小さな目標を達成することから。そうすれば、途中で苦しくなっても「ここを頑張ろう」って前向きになれますよね。そして、一つクリアできたら、それが喜びにつながり、次の意欲もわいてくるでしょう。

Q:自分と他人を比べると落ち込みます

A:自分にとってはすごく嫌な部分でも、他人から見たらうらやましい部分に見えることもありますよね。人はみんな、自分だけの心の物さしで判断しています。でも、その心の物さしはみんな違うもの。絶対はないんです。だから、自分の判断で悩むのはもったいない。自分には苦手と見えてしまうことでも、こうすればできる、ということから始めたら、きっと人と比べる必要がなくなります。自分の嫌なところ、言葉をまずポジティブワードに入れ替えてみたら、見え方も変わってきますよ。

Q:自分のペースを乱されるとイライラします

A:世の中は、一人では回らず、すべて人と人のかかわりからできています。そして、それぞれに違う思いや背景があるから、思い通りにならないのは当たり前。心地よく生きるためには、そういう違いを受け入れて、お互いに調和できるように、思いやりを持ち合うことが必要です。人は完璧ではないし、まして自分自身も完璧ではない。一緒に成長していきませんか?

Q:他人の成功を妬ましく思ってしまいます

A:これも、人と自分を比べることから生まれる気持ちですよね。自分を大きく見せたいという気持ちが働いているのでしょう。一番になりたいとか、有名になりたいという気持ちをモチベーションにするのは悪いことではないです。でも足したいのは、自分の内側に確固たるものを持つこと。自分が進むべき道、するべきことをしっかりとわかって生きていれば、誰かと比べずに、自分の進歩や成長だけを見ていけばいいから。あなたは人のようには生きられないけど、人もあなたのようには生きられないんです。

Q:夢がなく将来に漠然とした不安があります

A:過去を振り返ると悲しみや憎しみがよみがえり、未来を考えると不安が生まれる。でも過去は起こった事実は変えられません。未来はまだ起こっていないからいくらでも変えられます。だから、できることは、”今を一生懸命生きて”、その積み重ねで未来に起こる事実を変える。今いい種を植えれば、未来は勝手にいい収穫があります。また、たとえ思い通りのいい結果が得られなくても、肚を据え、受け止める度量を持つことが大切。「今」という一瞬にしっかりと集中して。今を生きることは、次の一瞬への土台作りなんです。

 

ライター:豊田紗江
出典:Yogini・vol47/「グルグルしている悩みもスッキリする”ヨガ的人生相談”」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE