Lifestyle

部屋はあなた自身。自分のタイプを知って整理すれば心も体もスッキリ

2019/04/10

部屋の印象はあなたの印象?

忙しく活動して帰ってきたあなたの家。自分の部屋はどう見えますか?すっきり?ごちゃごちゃ?

それがそのまま「あなたの姿」だと言われたらどうですか?

アーユルヴェーダでは、住まいには暮らす人のタイプが反映されると考えます。三つのタイプ別に住まいの整え方を見てみましょう。

まずは、以下の設問にチェックをつけてみて。多くついたものが、今のあなたの状態です。つまり、部屋を片づけるのは、自分自身を整理するということ。自分のタイプを確認して、上手に整理しましょう。

きっと生きやすくなるはず!

あなたの部屋のタイプは?

【タイプ1】
1:モノの定位置が決まっておらず、いつもモノ探しに時間を取られている。
2:スケジュールが立て込んでくると、あっという間に部屋が散らかる。
3:掃除の途中で他のことを始めてしまい、いつまでたってもキレイにならない。

ふわふわしがちなタイプ
「ふんわり温かな雰囲気で部屋を彩る」

モノが散乱してゴミが目につくとイライラするのに、何もないほど片づいてしまうと何だか不安を感じてしまう…。そんなタイプのあなたには、温かみのあるインテリアの演出がオススメ。ふんわりもこもこしたソファやクッション、暖色系の柔らかなカバーをかけたベッドなどで、ほっこり和む空間にすると落ち着きます。

【タイプ2】
1:ディスプレイにもこだわるほど、いつもキレイに片づいている。
2:場所ごとに、使う洗剤や手順などの掃除法が決まっている。
3:少しでも散らかるとイライラしてしまい、自分をだらしなく感じてしまう。

まっすぐタイプ
「潔癖になりすぎないよう香りや水を取り入れたい」

このタイプのあなたは、モノは整然と並べ、場所ごとに掃除方法を決めている人が少なくありません。ところが、潔癖が高じると、ちょっとの乱れや汚れでイライラしたり、そんな自分が許せなくて自分を責めたりしてしまいがち。甘い香りのアロマ、花瓶や水槽など水を使う小物など、甘さや潤いを感じるインテリアを工夫するといいでしょう。

【タイプ3】
1:色違いや同じようなものをいくつも買ってしまい、モノが多い。
2:収納の中はいっぱいで、テーブルや床にもモノが置いてある。
3:まだ使えそう、もったいないと思い、なかなかモノを捨てられない。

どっしりタイプ
「広々と動けるよう清浄なスペース作りがカギ」

捨てるなんで簡単にできないこのタイプのあなたは、片づけを「動き回れる空間作り」だと考えてみて。例えば、ヨがが好きなら、ヨガマットをさっと広げられるスペースがあるか、深呼吸でホコリを吸わない清潔さを保っているか、目に映る部屋の風景は心を落ち着かせてくれるか…が、掃除モチベーションを上げることになるでしょう。さあ、今すぐ腰を上げ、モノをデトックス!

春だからこそ、今は掃除や片づけのチャンス!自分のタイプを考えて、できることから始めましょう!

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.44//「アーユルヴェーダ式美しくなる掃除入門」
監修:福田真里/アーユルヴェーダ認定プラクティショナー。ヨガ講師。米アリゾナ州セドナのヨガスタジオでヨガTTを受講。世界的に有名なアーユルヴェーダ療法士Dr.ヴァッサント・ラッドの教育機関において、食事療法、ライフスタイル、ヨガ呼吸法、瞑想、薬草、その他健康を維持するための自然療法などを学ぶ。

RECOMMEND