Lifestyle

この仕事、私に合ってないかも…と思った時にするべきこと【ヨガ的お悩み相談室】

2019/06/04

ヨガの教えにはヒントがある

頑張ってるのに、なかなか仕事のスキルが上がらない…。私に、この仕事は合ってないのかも…なんて悩み始めたら、ヨガの哲学の教えに耳を傾けて下さい。これは古いインドの教えですが、不思議と現代でもマッチするもの。それは世界中でヨガが流行っているのが証拠です。

今回の、「私はこの仕事合ってないのかも…」というケースでは、ヨガはこんな考え方をしたらいいのでは?と教えてくれています。

「今」は「過去」から来ている

ヨガの教えでは、「過去に選んだ結果」が「今に叶って現れている」と言います。つまり「今」起こっていることはすべて、過去の自分が選んできたもの、行ってきたことの結果だと言うのです。

ネガティブに考えてしまう時は、他人と比べていたり、ものごとのマイナス面ばかりを見ていたりする時かもしれません。

今の仕事があることで、得していること、感謝できることを探してみましょう。

積んできた経験は尊い

また、ヨガでは「繰り返し実践する」ことの尊さも説いています。なかなか成果が上がらなくても、ここまで経験を積んできたことはムダになりません。ここまで頑張ってきた自分をまず評価し、仕事から得られることへ感謝。その上で、客観的に自分を観察して、初めて次のステップへ踏み出しましょう。客観的に自分を見るためには、瞑想が役立ちますよ。

ライター:三上あずさ
出典:『Yogini』Vol.69 「今すぐ語れるヨガ哲学」

RECOMMEND