Love

運命の相手じゃないからうまくいかない?未来を作るのは運命?それとも…?

2019/11/08

運命の相手

運命!は、誰にとっても魅力的。早く運命の人に出会いたい。運命の仕事に巡り合いたい。そして、もう辛い思いをしたくないから、余計な恋愛はやめて早く運命の相手と幸せになりたい…。

そんな思いから「今度こそ、運命の人に出会いたい!」と、失恋が続けばそう願うこともあるでしょう。でも運命に巡り合うまでにも、それまでのステップとなる経験は必要。運命にたどり着くための必要な経験です。

今の仕事や次の人との恋愛があるから、運命が巡ってくるのです。それが、魂が選んだお約束であり修業期間のようなもの。恋愛にしろ、仕事にしろ、一つひとつの出会いや経験が、いつしか線となって運命に結ばれるのです。

運命って絶対的なもの?

ちょっと極端な例だけど、遊びの関係から結婚に発展していくこともあるし、普通に考えたら「それってつき合ってるの?」と思える状態でも、結局は生涯をともにすることだってあるのです。

ただ…運命が絶対的だと考えるのは、ちょっと違うと思います。

運命的な絆があると、何かしらの形で深い仲にもなりやすいし、魂が望むことであれば、スムーズに進みやすいことはあることでしょう。

結局あなた次第で変えられる


それでも、その運命の絆をどんな形にするかはあなた次第。運命的な絆で結ばれた相手じゃないから結婚できないとか、運命の仕事じゃないからうまくいかないわけでもないのです。同じように、運命の相手としか結婚できないわけでもなければ、運命だからと諦める必要もないのです。

結局は魂レベルで何を望み、それを感じ取った自分がどう選択していくか、そうやって人生は創造されていくものだし、自分で人生を創造するという思いが、未来を創造していくのだと思います。

スピリチュアルカウンセラーゆい
サイキックチャネラー鑑定歴23年で一万人の鑑定経験をあり。「恋愛の達人」の異名を持つ恋愛スペシャリスト。スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属

https://www.ikuyo.co.jp/top.html

RECOMMEND