Love

【YOLO的恋愛講座】 恋愛に効く!おすすめ四字熟語

2018/02/08

難しい言葉が優しい応援歌に

片思いに泣きたくなる夜、彼の言葉の真意がわからなくてツライ時、この先どうしていいのかわからなくなってしまった日。恋愛で苦しい想いをかかえている時に読んでほしい四字熟語。普段はあまり使わない言葉も、こんな時には、素敵な癒やしの言葉になるのです。

01.
独立独歩
どくりつどっぽ

他人の力に頼らずに自分を信じて進むという意味。彼のこと、周りの人がどんなことを言っていたって、その真意はわからないですよね。あなたが彼を本当に好きなら、見なければいけないのは、“彼の周辺”ではなくて、彼自身。彼の真心。人の言ってることに振り回されちゃダメ。

02.
因果応報
いんがおうほう

いい行いをすればいいことが起き、悪い行いをすれば悪いことが起きるという意味。今起こっていることは、過去にあなたがした何かの結果です。だから、今あなたがすることは未来を生むこと!そして、本当に今、これをしていいのかどうかは、あなたが冷静になった時のひらめきに答えがあります。理屈や、過去の事例なんかにだまされないで!

03.
疑心暗鬼
ぎしんあんき

疑いの気持ちでいると、何でも不安になったり怖がったりしてしまうという意味。女性って思い込みタイプが結構多いんです。だから、ちょっとした不安から彼を疑ってしまうと、それだけで独り悶々と悩むことに…。それってまったく不健全だし、何も生み出しません!あなたが悩んでいることの本当の意味は、本人の口から聞くしかわかりません。その勇気がまだなくても、とりあえず悩んでも答えが出ないことで悩むのはやめませんか?自分を傷つけるだけですよ。

04.
温故知新
おんこちしん

古いものをたずねることで、新しい事柄がわかるという意味。この間の彼の言ったこと、起こした行動、どう意味だったんでしょう?もしかすると、彼の過去の振る舞いを思い返すと、同じようなことがあったかも。やりとりの中に、彼が嫌がっていたこととか、彼が照れ隠しで言ったこととか、知らん顔のそぶりが実はこんなことを意味していたとか、例題があったかもしれません。ちょっと、過去を振り返ってみませんか?悪いことばかりじゃないかもしれませんよ。

05.
傍目八目
おかめはちもく

当事者よりも近くで見ている人のほうが、かえって状況を把握できているという意味。恋愛の怖さはどっぷりハマッてしまうこと。そうなると、自分自身が今、どんな局面にいるのか冷静に判断できなくなってしまいます。恋愛で盛り上がるのは素敵なことだけど、冷静さを欠いたら残念な結果を引き寄せてしまうことも。だから、信頼のおける友人の客観的意見を聞くとか、もう一人の客観的な自分と会話してみるという時間を作ったほうがいいかもしれません。

06.
色即是空
しきそくぜくう

この世にあるものは、すべて本質的には実体がないものとする仏教の言葉。何ごとにも執着するべきではないという意味。あなたを傷つけ、振った彼。それは、次の恋愛のためのエピローグなんです。彼との思い出がたくさんありすぎて、そこから離れたくない気持ちはとてもよくわかるけど、ずーっと引いた目で見た時、彼との関係は人生のほんの一部。でも、これから出会う新しい彼は、あなたの人生をバラ色に変える可能性を秘めているんです。古いものにこだわるのは辞めて、あなたの人生をもっと豊かにする、次の一歩を踏み出しましょうよ。

 

ライター:大嶋朋子/『Yogini』『YOLO』の他、多くのトレーニング本や、女性の心と体を豊かにする書籍の編集に携わる。日々、女性の心と体について知識を深めている

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE